2018年6月19日 (火)

羽咋市 永光寺にて 5 撮影:2018.6.15 木偶乃坊写楽斎

 石畳の参道も良いですね、渓流沿いには
紫陽花が・・・・。
Dsc_7802

 
Dsc_7809

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

羽咋市 永光寺にて 4 撮影:2018.6.15 木偶乃坊写楽斎

 参道脇には広く苔が生えていて歴史を感じ
させます。
Dsc_7789

 
Dsc_7797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷見 女良漁港 9(終) 撮影:2018/5/24 木偶乃坊写楽斎

 この漁港の突堤には立入禁止の柵が設け
られていました。今までにアップした氷見市内
の漁港に無かったんですよね。
 さて、今日で氷見市内の漁港を9回にわたっ
てご紹介させていただきましたが今日で最終
回となりました。今まで漁港はどこも同じだと
ばかり思っていましたが、それぞれ特徴があ
る事がわかり勉強になりました。
Dsc_7433

 
Dsc_7434
 
Dsc_7442
 
Dsc_7445

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

羽咋市 永光寺にて 3 撮影:2018.6.15 木偶乃坊写楽斎

 境内は広くて長い上り坂になっています。
その境内を流れている渓流の水は清冽で
心が洗われるようです。
Dsc_7788_2

Dsc_7786
 
Dsc_7780_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷見 女良漁港 8 撮影:2018/5/24 木偶乃坊写楽斎

 一枚目の写真は「サザエ」を捕る網なんだ
そうです。この網を岸近くの海底に2週間程
沈めておいてから引き上げる、と言う事でし
た。アワビは別の形の網でこの辺りでも獲
れるんだそうです。三枚目の写真は私が見
た中では珍しい「紫色の網」です。
Dsc_7423

 
Dsc_7424
 
Dsc_7425

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

羽咋市 永光寺 2 撮影:2018.6.15 木偶乃坊写楽斎

 昨日と今日アップしてるのは弁天堂でして
小さな池の中に建っていて、その池には鯉
が泳いでいました。
Dsc_7833

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷見 女良漁港 7 撮影:2018/5/24 木偶乃坊写楽斎

 漁港併設の冷蔵施設ですが冷蔵装置が
新しいように見えますので建物は古いけれ
ど現在も使用中のようですね。
Dsc_7412

 
Dsc_7413
 
Dsc_7416

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

羽咋市 永光寺 1 撮影:2018.6.15 木偶乃坊写楽斎

 昨年の「北陸三十三箇所霊場二十二番」で
ご紹介させていただいた永光寺さんへ行って
きました。なお、昨年のご紹介は2017.4.10-17
に渡ってアップしております。
http://my206cc.cocolog-nifty.com/my206cc/2017/04/post-64b3.html
Dsc_7828

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷見 女良漁港 6 撮影:2018/5/24 木偶乃坊写楽斎

 桟橋に建っている鉄骨建物ですが荷捌き場
で、建設当時の屋根はスレート葺だったそうで
す。それが風で飛ばされたかしてご覧のように
屋根がない状態になっています。聞いた所に
よると「費用捻出できなくてそのままになって
いる」と言うことですが、私の知ってる限りでは
相当昔から屋根がないような気がしますね。
Dsc_7372

 
Dsc_7373
 
Dsc_7400
 
Dsc_7405

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

氷見 女良漁港 5 撮影:2018/5/24 木偶乃坊写楽斎

 他の漁港では網を運ぶ船だと思われる
船にはエンジンが付いていませんでした
が、ここではエンジンが付いていました。
一枚目の写真では付いてはいませんが
その形跡がありましたね。
Dsc_7366

 
Dsc_7367
 
Dsc_7369

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«氷見 女良漁港 4 撮影:2018/5/24 木偶乃坊写楽斎