« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月31日 (水)

「おわら風の盆」前夜祭 天満町 6

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_3091

 
Dsc_3105
 
Dsc_3130
 
Dsc_3167
 
Dsc_3173
 
Dsc_3825
 
Dsc_3830
 
Dsc_3855

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おわら風の盆」前夜祭 天満町 5

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_2994

 
Dsc_3014
 
Dsc_3068
 
Dsc_3085
 
Dsc_3765
 
Dsc_3772
 
Dsc_3797
 
Dsc_3801

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

「おわら風の盆」前夜祭 天満町 4

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_2926

 
Dsc_2931
 
Dsc_2980
 
Dsc_2989
 
Dsc_3711
 
Dsc_3729
 
Dsc_3747

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おわら風の盆」前夜祭 天満町 3

 「おわら風の盆」で最初の頃は踊り手さんを
撮影している事が多かったんですが、段々と
地方の皆さんも撮る様になっていますね。
  ただ、集団でかたまっていらっしゃるので先
頭の方を撮る割合が多くなってしまって中側
の皆さんを撮れないのが悩みだったりします。

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル

Dsc_2891
 
Dsc_3683
 
Dsc_3687
 
Dsc_3707

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

「おわら風の盆」前夜祭 天満町 2

 町流しから始まった前夜祭です。
先頭は可愛い女の子と男の子が務めます。
そして、中学生から青年男女、地方の皆さん
が踊り、演奏しながら流し始めました。

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル

Dsc_3642

 
Dsc_3646
 
Dsc_3652
 
Dsc_2770_2
 
Dsc_2773_2
 
Dsc_2782_2
 
Dsc_2796_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おわら風の盆」前夜祭 天満町 1

 今年の前夜祭は雨に降られる日が何回かありましたね。
と言う訳で行きそびれた町内もありましたが、この大ファン
の天満町前夜祭だけは雨が降ろうが槍が降ろうが欠かす
事が出来ない私達です。

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_2720

 
Dsc_2755
 
Dsc_2760
 
Dsc_2761
 
Dsc_3635
 
Dsc_3640

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おわら風の盆」前夜祭 今夜は天満町

 と言う訳で行ってきました。幸い雨に降られる事
もなく、涼しくて、人出も多くて最高の前夜祭でした
ね。

やはり「おわら」は良いですねぇ!

 明日からは天満町さんの前夜祭の模様をアップ
させていただきます。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_3401

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

スペアミント 2016.8.28撮影

 母の日に家内(空飛ぶアヒル)が孫からプレゼント
された花の寄せ植えにあったスペアミントの花が咲
きました。
撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2694

 
Dsc_2699

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「風の盆」迫る

 「風の盆」も数日後に迫ってきました。

週間天気予報でも気になる「本番の三日間」が
表示される様になりましたね。今のところは雨
の予報がないのが嬉しいです。
http://www.tenki.jp/forecast/4/19/5510/16201-10days.html

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2494

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

「おわら風の盆」前夜祭 下新町 最終回

 帰途、家内(空飛ぶアヒル)の目に留まった光景です。

撮影:空飛ぶアヒル
Dsc_3588

 
Dsc_3592

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

立山 称名道路 最終回 2016.8.21撮影

 今日の写真の一枚目は称名道路の私たちが引き返
した所から見た滝見台方向です。右上の方に人物が 見えますが、そこが滝見台になります。

 二枚目は道路脇のハチの巣で「蜂に注意」の看板も
立っていましたね。

撮影:空飛ぶアヒル
Dsc_3614

 
Dsc_3616  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おわら風の盆」前夜祭 下新町6

撮影:空飛ぶアヒル
Dsc_3537

 
Dsc_3557

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

立山 称名道路 4 2016.8.21撮影

 途中に「大日岳登山口」と言う標柱を見ました。
登山をしたことが無いので分からなかったんです
が、こんなに細い道から始まるんですね。

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_2564

 
Dsc_2565
 
Dsc_2567

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おわら風の盆」前夜祭 下新町5

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_2510

 
Dsc_3132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

立山 称名道路 3 2016.8.21撮影

 称名道路や遊歩道の対岸は断崖絶壁になっていて
「悪城の壁」と呼んでいるそうです。写真はその「悪城
の壁」よりもちょっと上流側になります。この崖の上は
美女平から弥陀ヶ原方面への立山黒部アルペンルー
トが九十九折りで走っています。


高さ約500mの岩壁が約2kmも続く悪城の壁は、一枚岩の大断崖としては日本一

https://goo.gl/maps/frKwwniwpf22

撮影:空飛ぶアヒル
Dsc_3604

 
Dsc_3607

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おわら風の盆」前夜祭 下新町4

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2405

 
Dsc_2446

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

立山 称名道路 2 2016.8.21撮影

 駐車場から遊歩道に向かうと右手に「レストハウス称名」
と言う食事したり土産物を買えるレストランがあります。そ
の入口に無料で使える杖が置いてありました。多くの方々
がこれにすがって登るのか、杖の先はご覧の様に潰れた
様になっています。熊避けの鈴も付いていますね。

https://goo.gl/maps/Jh74UopNrUG2

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_2584

 
Dsc_2588
 
Dsc_3601

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おわら風の盆」前夜祭 下新町3

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2367

 
Dsc_2375

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

立山 称名道路 1 2016.8.21撮影

 「称名滝」ではなくて、なぜ「称名道路」なのか。
はい、昨日は涼を求めて「称名滝」へ向かったのです
が、駐車場から滝へ向かう約1.5km(30分程)の坂道
の途中で夫婦共々左足の膝に痛みが出てきたのと、
三枚目の写真の様に雨雲が段々と下がってきたので
止むを得ず引き返したと言う涙々の記録になったと言
う訳です。

 
Dsc_2542
 
Dsc_2559

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おわら風の盆」前夜祭 下新町2

 前夜祭初日と言う事で鑑賞客が少なめではないかと
期待して出かけましたが、予想通りで「ごった返す」と言
う程ではなかったのが撮影する側としては幸いでしたね。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2317

 
Dsc_2354

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

十二町潟水郷公園(最終回) オニバス3 2016.8.14撮影

 オニバスはご覧いただけるように葉にも
花の根元にもトゲが生えています。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_1708

 
Img_1709_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おわら風の盆」前夜祭 下新町1

 今年の前夜祭はこの後は天満町さんだけに
行く予定にしているんですが、ちょっと寂しい様
な気もしますので何処かの町内へ出かけるか
もしれません。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2286

 
Dsc_2305
 
Dsc_2309
 
Dsc_2314

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十二町潟水郷公園 オニバス2 2016.8.14撮影

 オニバスの葉は大きいのですが花は小さいですね。
遠くから見ると何処に花が咲いているのかを探さないと
分かりません。小さな紫色のが見えますが、これが花な
んですよ。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_1622

 
Img_1697

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

「おわら風の盆」前夜祭始まる 

 一年経つのは早いもので「おわら風の盆」がやって
きました。今年の前夜祭は下新町から始まりました。
日程表その他は下記リンク先でご覧いただきたいと
思います。
http://www.yatsuo.net/kazenobon/guide/downroad/zenyasai_pamphlet.pdf

 十一の町内が一夜づつ担当して30日まで続きます。
ただし27,28の土曜日と日曜日は二つの町内で披露
されます。

 先ずは手慣らしと言う程度で30分程撮影してきまし
たので明日からアップしたいと思っておりますので宜
しくお願い致します。
 とは言え私がこの後で行く予定のあるのは天満町
さんだけなんですけどね。数年前に連日通って疲れ
果ててしまい本番にフラフラになってしまい、懲りて
たんですよ。
撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2256

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十二町潟水郷公園 オニバス1 2016.8.14撮影

 十二町潟にはオニバスが数か所で生えています。
ただ、現在それを見る事が出来るのは「国指定天然
物 十二町潟オニバス発生地」として指定されている
場所ではないんですね。
 その場所は十二町潟の他の数か所と、この植生回
復の為に造られたオニバス池、そして十二町小学校
で小学生達がお世話をしてる池とで見る事が出来ま
す。
撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_1603
 
Img_1604
 
Img_1621

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

十二町潟水郷公園 B 2016.8.14撮影

 十二町潟には野鳥も沢山飛来しています。
特に冬になると白鳥その他の北から越冬の
為に多くの種類の渡り鳥が来てくれています。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_1605
 
Img_1618

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

高岡「おとぎの森公園」にて  2016.8.18撮影

 「AF-S NIKKOR 24-120mm 1:4G ED」に接写リングを
付けた時の描写具合を試したくて行ってきました。
 8/16のAi AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-EDの時は何
の支障もなかったので「ズームレンズではどうか?」と
言う事なんですが、当然と言えば当然のお話で、やは
り周辺部に色収差が出てきますね。画像処理ソフトで
調整は出来ますが「使えるのは中心部だけ」と思った
方が良さそうでした。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2212
 
Dsc_2224
 
Dsc_2169
 
Dsc_2172
 
Dsc_2178
 
Dsc_2195

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十二町潟水郷公園 A 2016.8.14撮影

 昨日までアップしていた蓮池がある十二町潟水郷公園
です。ここは白鳥が飛来する事でも知られています。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_1600

 
Img_1604

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

十二町潟水郷公園 ハス 4 2016.8.14撮影

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_1811

 
Img_1864

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

接写リング購入テスト

 ただいまアップ中の蓮の写真を撮っていてクローズ
アップ撮影をしたいと思ったんですが、手持ちのマクロ
レンズ(AF MICRO-NIKKOR 60mmF2.8 D)では離れす
ぎていて小さくしか写りません。近寄ろうにも池の中で
すからねぇ。
 それでAi AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-EDレンズに
接写リング使用ではどんな具合なんだろう?と思って
買ってみました。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00IYEB0QC/ref=pe_1807052_198774502_tnp_email_dp_1
 オートフォーカスと自動露出連動と言う事でしたが
オートフォーカスの方は13mm 20mm 36mm の三個
を連結して使用すると暗くなりすぎて効かない事が多
い様です。自動露出は一絞りほどオーバー目に露光
する様な感じですね。
 描写はアップしたような具合ですので十分に期待に
応えてくれました。耐久性その他についてはこれから
なので不明ですね。

撮影:木偶乃坊写楽斎
    Nikon D800E Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED 

   Neewer 13mm 20mm 36mm AF マクロ接写リング

全画面
Dsc_2157

  
一部トリミング
Dsc_2157a
 
超トリミング
Dsc_2157b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十二町潟水郷公園 ハス 3 2016.8.14

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_1796

 
Img_1810

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

十二町潟水郷公園 ハス 2 2016.8.14

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_1761

 
Img_1764

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

十二町潟水郷公園 ハス 1 2016.8.14

 暑い日が続いています。そんな中、お盆なので
蓮の花を撮りに行ってきました。もう時期が過ぎて
いて4-5輪だけ見付ける事が出来ました。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_1737

 
Img_1749

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有峰湖(有峰ダムと林道) 最終回 2016.8.7撮影

 湖周線は狭くてところどころ崩れたりしていましたが
岐阜県山之村へ向かう道路は広くて快適な道路でし
た。第一回に載せた展望台で会ったライダーのお話
で「先ほど湖周線の途中でクマに出会って驚いた」と
聞いていたので私達も遭遇しないかと期待したんで
すが会えなかったのが残念でしたね。
https://goo.gl/maps/MJHnpc1VUNy

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_3501

 
Dsc_3502
 
Dsc_3504

Dsc_3513

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

有峰湖(有峰ダムと林道) 6 2016.8.7撮影

 有峰湖に流れ込む渓流です。行くまでは予想で
湖周線から湖面が見えるかと思っていたのですが
ほとんど見えなかったの残念でした。

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_3506

 
Dsc_3510
 
Dsc_2133
 
Dsc_3511

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

有峰湖(有峰ダムと林道) 5 2016.8.7撮影

 有峰湖の貯水量は渇水期なのでご覧の様な
状況です。二隻のボートが見えますがこれは
ダム管理用のボートです。
 四枚目の標識はダムから湖周線へ向かって
走り始めて直ぐ近くで合流する小口川線の富
山からの出口です。富山から有峰湖へは私達
の利用した小見線と二本有りますが、ナビは
この小口川線で案内するんですね。
 ところがこちらは小見線よりも距離が長くて
道路も狭いため時間も倍近くかかりますので
お勧めできませんね。
http://www.arimine.net/access3.html
http://www.arimine.net/parkmap01.html
撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_3489

 
Dsc_3494
 
Dsc_3495
 
Dsc_3496

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

有峰湖(有峰ダムと林道) 4 2016.8.7撮影

 ダムサイトでは崖崩れも見られましたがもろい地盤
なんでしょうか?

 ダム天端は交互通行で信号が設けられています。
真ん中の逆台形の板に赤い線が十段有って、赤信号
の残り時間の目安として表示されていました。

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_2114

 
Dsc_3468
 
Dsc_3472
 
Dsc_3473
 
Dsc_3481

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

有峰湖(有峰ダムと林道) 3 2016.8.7撮影

 ダムサイトには有峰森林文化村として「有峰記念館」や
「ビジターセンター」や宿泊施設の「有峰ハウス」等があり、
更にキャンプ場等もあって気軽に訪れる事が出来るよう
になっています。レストランの雰囲気も素敵でした。
http://www.tateyama-sanroku.jp/arimine.html
 なお、バス停の標識があって「こんな所に!」と驚いた
んですが登山者やトレッキングの方が利用される様です。
偶々そのバスに遭遇したんですが満員でしたね。

 ご参考までにバスのご案内パンフレットです。
http://www.chitetsu.co.jp/wp-content/uploads/2012/04/p02.pdf

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_2101

 
Dsc_2103
 
Dsc_2106
 
Dsc_2107
 
Dsc_2108
 
Dsc_2111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

有峰湖(有峰ダムと林道) 2 2016.8.7撮影

 有峰ダムの総貯水量はかの有名な黒四ダムよりも
10%も多いんだそうです、びっくり。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E5%B3%B0%E3%83%80%E3%83%A0
 ダムの天端をバイクが3台走っていますがご覧いた
だけますでしょうか。

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_2091
 
Dsc_2092
 
Dsc_2098
 
Dsc_3464

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

有峰湖(有峰ダムと林道) 1 2016.8.7撮影

 以前から行って見たかった有峰湖へ行ってきました。
ここは30数年前に団体で見学に行ったことがありまし
たが、その時に通った道路が絶壁にへばり付いてる
様な心細い道路で、広さは小さめのバスの車幅ギリ
ギリで、車窓から下を見ると余裕のない路肩の下は
数百mの絶壁で目を瞑りたいほどの心境でした。

 と言う訳で今まで行きたいと思ってはいたんですが
怖い思いもあって敬遠していましたが、気になってい
ただけに時々ここを走ったバイクのツーリング動画を
見たりしていて、「今はそれほどでもないような?」と
思ったりしていたんすよね。

 それで、意を決して昨日恐る恐る挑戦したと言う
次第です。

 行って見ると幸いな事に昔の面影はホンの数か所
に残しているだけで、トンネルの多い普通の片側一
車線の中央線のある舗装路になっていました。

 でも、工事中の個所の様子を見ると、拡幅は「山側
を削るのではなくて、絶壁の谷側に鉄骨を下から斜め
に張り出して支える」と言う無知な私には何とも心細い
工法で工事をしています。

 もっともそんな工事で広がった道路を意識もしない
で登ってきたのは能天気な私なんですけどね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E5%B3%B0%E3%83%80%E3%83%A0

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_2083
 
Dsc_2090
 
Dsc_3447
 
Dsc_3461

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

千里浜砂像2016 最終回 2016.8.1撮影

 昨日は「ひみまつり」で花火大会がありました。
全国的に知られる大規模な花火大会に比べるとささや
かなものですが、富山県内としては最大の5,500発が
一時間程の間に打ち上げられて最高の花火大会でし
た。写真を撮らないでの見物も良いものですね。

 と言う訳で、今日は花火写真は無くて砂像の最終回
となります。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2046

 
Dsc_2049
 
Dsc_2077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

千里浜砂像2016 5 2016.8.1撮影

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2035

 
Dsc_2041
 
Dsc_2043

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

千里浜砂像2016 4 2016.8.1撮影

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2030

 
Dsc_2031
 
Dsc_2033

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子撫川ダムと宮島峡 最終回 一の滝F 2016.7.23撮影

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_3440

 
Dsc_3443
 
Dsc_3446

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

千里浜砂像2016 3 2016.8.1撮影

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2015

 
Dsc_2019
 
Dsc_2025

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子撫川ダムと宮島峡 13 一の滝E 2016.7.23撮影

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_1915

 
Dsc_3434
 
Dsc_3439

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

千里浜砂像2016 2 2016.8.1撮影

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1995

 
Dsc_2004
 
Dsc_2009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子撫川ダムと宮島峡 12 一の滝D 2016.7.23撮影

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_1892

 
Dsc_1901
 
Dsc_1905

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

千里浜砂像2016 1 2016.8.1撮影

 「ひょっこり温泉」から次に向かったのが「千里浜」
でした。温泉の休憩所で見た新聞に砂像作成中と
言う記事を見て急遽向かう事にしたって訳です。
http://www.city.hakui.ishikawa.jp/sypher/www/info/detail.jsp?id=6112

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1979

 
Dsc_1980
 
Dsc_1984
 
Dsc_1989

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子撫川ダムと宮島峡 11 一の滝C 2016.7.23撮影

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_1862

Dsc_1877
 
Dsc_3428
 
Dsc_3427

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

能登島マリンパーク海族公園 2016.8.1撮影

 今日は孫にせがまれて「ひょっこり温泉」へ行ったんですが
同じ場所にある海水浴場に沢山の家族連れが見られたので
撮ってみました。
https://goo.gl/maps/7QAaoHtFMcG2

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1942

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子撫川ダムと宮島峡 10 一の滝B 2016.7.23撮影

 宮島峡のすべてを見た訳ではありませんが、
私たちの見た滝の中で川床まで入っていける
のはこの滝だけでしたので変化のある写真が
撮れた様に思います。

撮影:木偶乃坊写楽斎と空飛ぶアヒル
Dsc_1854

 
Dsc_1857
 
Dsc_3422
 
Dsc_3426

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »