« 北陸観音霊場三十三ヵ所 第十三番「宝円寺」金沢市 その2 | トップページ | 北陸観音霊場三十三ヵ所 第十三番「宝円寺」金沢市 その4 »

2016年12月15日 (木)

北陸観音霊場三十三ヵ所 第十三番「宝円寺」金沢市 その3

  本堂へ上がるには三枚目の写真にある様に靴を
脱いで上がらないといけません。そして、中には
小さな紙に「御用の方はチャイムを押してくださ
い」とあり、拝観料300円と書いてありました。
 お寺の方にわざわざ出てきていただくのが申し
訳ない様な気がして、本堂へ上がらせていただく
のを躊躇いながら周囲を撮影していたら、左手か
らぽっちゃりとしてて赤い首輪をした可愛い猫ち
ゃんが現れたんですね。
 暫くの間私達の様子を見ていて、その内に本堂
への階段を上って、中へ入りたそうな気配を見せ
ます。野良猫には見えない清潔な感じですからお
寺の飼い猫かと思って「戸を開けてあげようかな」
とスロープが造ってある左手の戸へ手をかけてみ
ましたがビクともしません。滑りが悪いだけかと
思って数回試してみたんですが動きません。それ
を座って待っていてくれている姿がまた可愛いい
んですね。
 そんなこんなでウロウロしている私の怪しい行
動に気が付かれたのか庫裡から御住職がおいでに
なって戸を開けてくださいました。猫ちゃんと一
緒に私達も入れていただいたんですが、それがき
っかけとなって色々とお話を聞かせていただき、
お寺の中を隅から隅までご案内していただく事に
なったんですね。
 そして、お話をお聞きしている間ずっと私の膝
の上に乗って体を摺り寄せてゴロゴロと喉を鳴ら
して甘えるのには私も驚きました、生まれてこの
かた猫とお付き合いしたことは一度もない私にで
すよ。膝から降ろそうとしても降りてくれません。
 と言う訳で玄関先で帰る筈だった私達を、お寺
の隅々まで、そして、広い庭園も遠慮なく撮らせ
ていただく縁を作ってくれたのがこの猫ちゃんだ
と言うお話でした。
 御住職と猫ちゃんに感謝感謝で帰ってきた私達
です。
   四枚目はそのカギの掛かった戸のガラスの部分
から本堂を覗いた画像です。
一枚目・二枚目・四枚目 撮影:木偶乃坊写楽斎
三枚目         撮影:空飛ぶアヒル
Dsc_9622
 
Dsc_9624
 
Dsc_5693
 
Dsc_9640

|

« 北陸観音霊場三十三ヵ所 第十三番「宝円寺」金沢市 その2 | トップページ | 北陸観音霊場三十三ヵ所 第十三番「宝円寺」金沢市 その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103733/64628646

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸観音霊場三十三ヵ所 第十三番「宝円寺」金沢市 その3:

« 北陸観音霊場三十三ヵ所 第十三番「宝円寺」金沢市 その2 | トップページ | 北陸観音霊場三十三ヵ所 第十三番「宝円寺」金沢市 その4 »