« 北陸観音霊場三十三ヵ所 第十三番「宝円寺」金沢市 その3 | トップページ | 北陸観音霊場三十三ヵ所 第十三番「宝円寺」金沢市 その5 »

2016年12月16日 (金)

北陸観音霊場三十三ヵ所 第十三番「宝円寺」金沢市 その4

本堂の右奥の部屋の真ん中の「十一面観世音菩薩」の
厨子を護って左右に仁王像があります。宝円寺は二度
の火災にあってるそうで、左の吽形の金剛力士像は昭
和五年作で腹筋が見事な像でネックレスの様な装飾品
をつけています。
 右の阿形の金剛力士像は鎌倉時代の作と言う事で
お腹がプックリとしていまして喉の下に見える首飾りの
様な物は鎧だと言う事でした。お顔も大きい様です。
作成年代の特徴を表しているようですね。
 なお「十一面観世音菩薩」は年に二回の御開帳があ
って、それ例外の日は拝む事が出来ません。
一枚目と二枚目 撮影:木偶乃坊写楽斎
三枚目と四枚目 撮影:空飛ぶアヒル
Dsc_9642
 
Dsc_9665_2
Dsc_5695
 
Dsc_5696

|

« 北陸観音霊場三十三ヵ所 第十三番「宝円寺」金沢市 その3 | トップページ | 北陸観音霊場三十三ヵ所 第十三番「宝円寺」金沢市 その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103733/64633661

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸観音霊場三十三ヵ所 第十三番「宝円寺」金沢市 その4:

« 北陸観音霊場三十三ヵ所 第十三番「宝円寺」金沢市 その3 | トップページ | 北陸観音霊場三十三ヵ所 第十三番「宝円寺」金沢市 その5 »