« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

梅の花 北陸三十三ヵ所観音霊場第三十三番「法福寺」にて

 連載中の北陸三十三ヵ所観音霊場の撮影
で訪ねた法福寺さんで白梅と紅梅が咲いて
いたので撮ってきましたのでご覧いただきた
いと思います。明日からは三月です、春は
もう来ているんですね。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_5439

 
Img_5448

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その6

 二枚目の写真は昔に造られた羅漢さん
と言うよりも今の時代のお顔の様に見えま
すね。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1822
 
Dsc_1824

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十五番 總持寺祖院 その9

 回廊の天井に御駕籠が吊り下げられてい
ました。いつごろまで使われていたんでしょ
うかね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
33
 
34
 
35
 
36

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その5

 立ち姿の羅漢さんも見られます。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1815

 
Dsc_1818

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十五番 總持寺祖院 その8

 初めの二枚は山門と白字橋の手前の右手
奥の方にあるお地蔵さんです。そして三枚目
と四枚目は山門から眺めた法堂の正面にな
ります。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
29

 
30
 
31
 
32

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その4

 羅漢さんはお顔を横に向けていらっしゃる
のが多いんですね。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1807

 
Dsc_1813

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十五番 總持寺祖院 その7

 山門に近寄っての撮影です。
一枚目の向こうに見えるのは鐘楼ですね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
25

 
26
 
27
 
28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その3

 「羅漢さん」とは?
そう思って検索して見付けたサイトの一部に
こんな記述がありましたのでご紹介させてい
ただきます。
「”らかんさん”は、ほかの多くの仏さまと
がって生身の人間です。実在していた人な

です。」

http://www.rakan.or.jp/rakanji/rakansan.html
撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1797

 
Dsc_1803

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十五番 總持寺祖院 その6

 山門前の赤い太鼓橋は「白字橋」と言うそう
です。なぜ「白字橋」と名付けられたのか?と
思って検索してみましたが何処にも見つかり
ませんでした。次回に訪問した時に尋ねてみ
たいと思っています。
 一枚目の画像はその白字橋から経堂を望
んだ画像で、他は山門と一緒に撮っています。
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
21

 
22
 
23
 
24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その2

 説明によると「この石仏は、今から200年ほど
前の寛政11年(1799年)、富山城下の米穀商
兼回船問屋、黒牧屋善次郎が先祖の供養に
と寄進したもの」と書かれていますので今日
アップしたものはまだ分かりやすいのですが
他には古いもので目鼻立ちも分からないくら
いに風化しているのがあります。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1789

 
Dsc_1794

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十五番 總持寺祖院 その5

 加賀藩5代藩主「前田吉徳公」寄進の
経堂です。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
13

 
14
 
15
 
16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その1

 昨日呉羽山へ立山連峰撮影に上った際に
途中で「五百羅漢」の看板を見つけたので
帰りに寄ってきました。ここの五百羅漢は写
真愛好家にはよく知られた場所です。
 なかなか面白い形の羅漢さんが沢山いら
っしゃるので明日から連載させていただき
たいと思います。
http://www8.city.toyama.toyama.jp/kanko/album_detail.phtml?Record_ID=617d12a9ce41d26cf0231fc66a1d853b&TGenre_ID=230

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1777

 
Dsc_2295
 
Dsc_2299
 
Dsc_2300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十五番 總持寺祖院 その4

 芳春院と言い前田利家の妻「まつ」の菩提所
となっています。
 左側にはお地蔵さんがお立ちになっていて
足元では童子が衣をつかむようにして立って
います。他に石造の童子像もありましたね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
17

 
18
 
19
 
20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

今日の立山連峰 呉羽山より

 所用で富山市へ出かけた際に呉羽山公園
で撮影しました。二枚目の北陸新幹線の車輛
はJR東日本の検査車輛「イーストアイ」です。
 狙っていたのではなくて偶々撮っている時に
通ってくれました。
撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1714

 
Dsc_1732

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十五番 總持寺祖院 その3

 この銅像には一枚目の画像の様に銘板が
あるのですが無学の私にはどうにも読めま
せん。何方かご存知でしたら教えていただ
けませんでしょうか。何卒よろしくお願いい
たします。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
9

 
10
 
11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十五番 總持寺祖院 その2

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
5

 
6
 
7
 
8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十五番 總持寺祖院 その1

曹洞宗の大本山として瑩山紹瑾禅師により、
1321(元亨元)年に創建されました。1898
(明治31)年の大火で境内は焼失し、本山
は1910(明治43)年、神奈川横浜市鶴見に
移り祖院となりました。その後の再建で山
門、仏殿、などがよみがえり、消失を免れ
た建物とともに、根本道場の威厳を伝え、
今も総ケヤキ造りの風格ある山門や仏殿、
法堂などが残っています。
以上「ほっと石川旅ねっと」様サイトより
引用させていただきました。
北陸三十三ヵ所観音霊場サイト「總持寺祖院」の項
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
1
 
2
 
3
 
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

北陸三十三ヵ所観音霊場 特番 鳳凰殿 その7 最終回

 今日で鳳凰殿は最終回となり、明日からは
第十五番總持寺祖院のご紹介となります。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
25

 
26
 
27
 
28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

北陸三十三ヵ所観音霊場 特番 鳳凰殿 その6

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
21

 
22
 
23
 
24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

北陸三十三ヵ所観音霊場 特番 鳳凰殿 その5

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
17

 
18
 
19
 
20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

北陸三十三ヵ所観音霊場 特番 鳳凰殿 その4

 案内板には「ふれあい観音」となっていました。
 
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
13
 
14
 
15
 
16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

北陸三十三ヵ所観音霊場 特番 鳳凰殿 その3

 中央の「三仏堂」です。昨日アップしたのは
向かって左側のお堂で「阿弥陀堂」の様です。
 公式サイトの解説では「
右翼の不動堂」と
「左翼の阿弥陀堂」と書いてあります。
http://www.kurikara.or.jp/site/index.html

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
9

 
10
 
11
 
12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

北陸三十三ヵ所観音霊場 特番 鳳凰殿 その2

 倶利伽羅不動尊のお寺の雰囲気と比べる
と、この「鳳凰殿」はあまりにも立派で真っ赤
に塗られた建物に違和感を覚えたので調べ
てみました。すると、こんな解説のサイトがあ
りましたのでご紹介させていただきます。あの
赤い色は「平等院鳳凰堂」からきてる様です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%B3%E5%87%B0%E6%AE%BF

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル

5
 
6
 
7
 
8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

北陸三十三ヵ所観音霊場 特番 鳳凰殿 その1

 今日からは「鳳凰殿」のご紹介になります。
数字での番号が付いていなくて「特番」となっ
ています。

 鳳凰殿は倶利伽羅峠の最高地点から更
に上がった地点にある倶利伽羅不動尊の
系列として平成10年に新しく建立されたと
言う事です。
 と言う事ですから「北陸観音霊場三十三
ヵ所」が発足した後からの参加だから「特
番」となったんでしょうかね
http://www.hokurikukannonreijyoukai.jp/reisho/toku1.html
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
1

 
2
 
3
 
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第14番 観音院 その4 最終回

 「白寿観音」で、足元にお年寄夫婦です。
足元に童子の観音像は今までに見た事
がありますがこの形は私には初めてです。
「高齢化社会を反映しているのかな」と理
解した私たち夫婦でした。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
32

 
33
 
34
 
35

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第14番 観音院 その3

 このお寺にも前田家の家紋を其処此処で
見る事が出来ました。そう言えば上日寺にも
ありましたね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
27

 
28
 
29
 
31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第14番 観音院 その2

 本堂入口の戸が閉まっていて、中から読経が
聞こえていましたので、戸を開けるのが躊躇さ
れて内部を撮っていません。と言う訳で観音院
さんの写真は明後日までの4回で終わります。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
23_2

 
24
 
25
 
26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第14番 観音院 その1

 観音院は卯辰山の中腹にありました。
金沢の観光案内で人気のある「ひがし茶屋街」の
近くでもあります。茶屋街から観音院へ向かうと
写真の様な長い階段を上って行く事になります。
 階段の途中の折れ曲がる所には六地蔵が鎮座
していらっしゃいました。

http://www.hokurikukannonreijyoukai.jp/reisho/14.html

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
19

 
20
 
21
 
22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第23番 上日寺(氷見)その37 最終回

 私達にとっては一番身近な「上日寺さん」の
ご紹介は今日で最終回となりました。撮影に
ご協力いただきありがとうございました。

明日からは金沢「観音院」さんになります。

撮影:木偶乃坊写楽斎
14
 
15
 
16
 
17
 
18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第23番 上日寺(氷見)その36

 今日は上日寺「ごんごん祭」主役の梵鐘です。

撮影:木偶乃坊写楽斎
9
 
10
 
11
 
12
 
13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第23番 上日寺(氷見)その35

 「奥院」です。稲荷堂の横の階段を昇って行った
境内の一番奥にあります。

 昔々、氷見高校への通学でこの前を時々通ってい
たんですが、この場所に社が有ったと言う記憶がな
いんですよね。いつも遅刻気味で気が急いていて周
りに気が回っていなかったんでしょうね、きっと。(バコッ)

撮影:木偶乃坊写楽斎
5
 
6
 
7
 
8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第23番 上日寺(氷見)その34

一枚目 稲荷堂の傍らに大きな歌碑がありますが
      無学な私には何と書いてあるのかもわか
      らないのが悲しいです。
二枚目から四枚目
     観音堂の裏手は崖になっていますが、その
     上に地蔵堂がありお地蔵さんが一体鎮座し
     ていらっしゃいます。
撮影:木偶乃坊写楽斎
1 

2
 
3
 
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

今日の立山連峰 小矢部市にて

 金沢へ行った帰りに綺麗に見えた立山連峰を撮りました。

一枚目 撮影:木偶乃坊写楽斎
二枚目 撮影:空飛ぶアヒル
Dsc_1635

 
Dsc_6421

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第23番 上日寺(氷見)その33

「閻魔堂」の前を通って階段を上ると「稲荷堂」が
あります。

撮影:木偶乃坊写楽斎

1
 
2
 
3
 
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第23番 上日寺(氷見)その32

「閻魔堂」です。
一月八日にもアップしていますがご案内の順番から
もう一度他の写真でアップさせていただきます。
http://my206cc.cocolog-nifty.com/my206cc/2017/01/23-2323.html

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1155

 
Dsc_0990
 
Dsc_0405
 
Dsc_0408

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第23番 上日寺(氷見)その31

「西国三十三ヵ所」の隣に石造りの三重塔が
あります。石灯籠形態で中に小さな仏様がい
らっしゃいます。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_0993
 
Dsc_0996
 
Dsc_1002
 
Dsc_1009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第23番 上日寺(氷見)その30

 昨日の「西国三十三ヵ所」のお地蔵さんです。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1011 

Dsc_1015
 
Dsc_1019
 
Dsc_1022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »