« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月31日 (金)

富山県花総合センター(砺波市) その5

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_6859

 
Img_6911
 
Img_6929
 
Img_6937

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第二十番 山田寺 その1

 このお寺は分かり難い場所にありました。
https://goo.gl/maps/yAB356H6FbK2

 ナビで目的地設定して行きましたが山田寺
の位置は神社で道路際からは鳥居しか見当
たりません。直ぐ近くに御寺がありましたので
確認しましたが名前が違います。
https://www.google.co.jp/maps/@36.9783092,136.8858829,3a,75y,297.95h,85.87t/data=!3m6!1e1!3m4!1sAaBTw8mh3Im79BVhawwk3w!2e0!7i13312!8i6656!6m1!1e1

「それでは」と思い、神社まで戻ってみたら
石垣横に細い道が有ったのでそこへ入って
みる事に。軽四はこんなに時に大助かりで
す。すると「何と言う事でしょう」、どこかで聞
いたような文句ですね。(バコッ)
 神社境内に山田寺はありました。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_4614

 
Img_4610
 
Img_4627
 
Img_4628

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

富山県花総合センター(砺波市) その4

 昨日までの三回は家内(空飛ぶアヒル)の
撮影でしたが今日からは私の写真になりま
す。先ずは導入路にあったフラワーポットの
花三枚と展示館の蘭の写真です。
撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_6789

 
Img_6794
 
Img_6804
 
Img_6819

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十九番 妙観院 その6(最終回)

 観音堂になります。場所としては山門をくぐ
って直ぐの右手にある小山に登る様な階段
を上ります。途中に昨日アップした弁天堂が
あり、次に一昨日にアップした鐘楼が有って、
更に登った所に観音堂があって眼下に七尾
市街地を望む事が出来ました。
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
21

 
22
 
23
 
24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

富山県花総合センター(砺波市) その3

 外にあった桜はご覧の様にまだ蕾でした。

撮影:空飛ぶアヒル
Dsc_7086

 
Dsc_7089
 
Dsc_7093
 
Dsc_7112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十九番 妙観院 その5

 一枚目と二枚目は弁天堂ですが桟の間
から撮ろうとしても無理でしたね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
17

 
18
 
19
 
20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

富山県花総合センター(砺波市) その2

 鑑賞出来たのは蘭が主体の展示温室と
本館でした。他の温室などは入場が禁止
されていて入口に鎖が張られていました
ね。それと花壇も広かったんですが開花
時期ではないので何も咲いていませんで
したので時期を見て再訪問したいと思っ
ています。
http://elega.tulipfair.or.jp/gaiyou/gaiyou-top.html

撮影:空飛ぶアヒル
Dsc_7073 

Dsc_7075
 
Dsc_7079
 
Dsc_7084

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十九番 妙観院 その4

 「竹に虎」と解説されている鐘です。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
13

 
14
 
15
 
16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

富山県花総合センター(砺波市) その1

 北陸三十三ヵ所観音霊場と五百羅漢さん
の色彩に乏しい写真撮影が続いていたの
でカラフルな写真が撮りたくなっていたとこ
ろで梅の花の撮影をして無性に花が撮りた
くなって花を探して砺波チューリップ公園近
くにある此処へ行ってきました。
https://goo.gl/maps/93yNdr3UHm62

撮影:空飛ぶアヒル
Dsc_7051

 
Dsc_7053
 
Dsc_7064
 
Dsc_7068

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いのくち椿まつり その4(終) 撮影:2017.3.19

 小学生からお年寄りまでの作品も展示
されていて地域挙げての椿祭りだと言う
事が感じられましたね。そうそう会場案内
パンフレット等のサポートも小学生の皆さ
んがしていました。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
33

 
34
 
35
 
36

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十九番 妙観院 その3

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
9

 
10
 
11
 
12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

十二町潟「梅」 その4(終) 撮影:2017.3.23

 鶯の鳴き声も聴こえていたので注意して
手持ちの300mmレンズで撮れるかどうか
と思って、そーっと近寄ったんで、どこかへ
飛んで行ってしまった様で姿が見えません
でした。鳥の撮影には1000mmレンズで
すかね。
撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2937

 
Dsc_2948

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いのくち椿まつり その3 撮影:2017.3.19

 常設の温室で「原種の椿」を集めての展示
と言う事です。売り文句は「世界に一つだけ
の花園」。確かにいつも見ている椿と違って
「これが椿?」と言う感じの花が多かったで
すね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
29

 
30
 
31
 
32

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十九番 妙観院 その2

 二枚目の画像は「底なし池」でして解説板
によると「この池の中央には、龍に身を変え
た女性が引きずり込んだ釣鐘が入るくらい
の縦穴が開いていて七尾湾に通じている」
となっています。
 四枚目は夫婦岩で二つの岩が仲良く寄り
添っている事から名付けられたようです。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
5

 
6
 
7
 
8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

十二町潟「梅」 その3 撮影:2017.3.23

 花びらを裏側から撮る事があまり無いので
それもご覧いただきたいと思います。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2927

 
Dsc_2931

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いのくち椿まつり その2 撮影:2017.3.19

 この椿祭りで何より驚いたのが展示されて
いる椿の見事さでした。種類と言い、数の多
と言い、咲いている花の生き生きとした感じ
に目を見張りました。

 そして、地域の皆さんの椿祭にそそぐ熱気
にも圧倒されました。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
25
 
26
 
27
 
28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十九番 妙観院 その1

 七尾市で観光の一つとしている「山の寺寺院群」の
入口にあたる場所にあるのがこのお寺です。 

https://goo.gl/maps/oVgS2WUKVj22

 「ほっと石川旅ネット」には以下の様に紹介
されています。
加賀藩祖前田利家が、奥能登方面からの防御陣地に
転用
することを目的として、真宗寺院を除く各宗派
寺院を配置したのが、「山の寺寺院群」の始まりと
いわれています。
http://www.hot-ishikawa.jp/sys/data?page-id=6686

 ここで気になったのが「真宗寺院を除く各
宗派寺院を配置」の部分ですが、これは一向
一揆が何らかの意味で絡んでいるんでしょう
かね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
1
 
2
 
3
 
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

十二町潟「梅」 その2 撮影:2017.3.23

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2918

 
Dsc_2925

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いのくち椿まつり その1 撮影:2017.3.19

  井波の「お人形さま祭り」の後は
同じ南砺市の「いのくち椿まつり」
にむかいました。井ノ口の椿は市
町村合併以前の「井ノ口村」の頃
からの一大事業でしてこちら方面
では大変よく知られています。
http://www.city.nanto.toyama.jp/cms-sypher/www/event/detail.jsp?id=17175

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
21

 
22
 
23
 
24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十八番 明泉寺 その5 最終回

 明泉寺さんは今日で終わり奥能登
方面から中能登のお寺さんになりま
す。と言う訳で明日からは七尾市の
妙観院さんになります。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
17

 
18
 
19
 
20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

十二町潟「梅」 その1 撮影:2017.3.23

 先日からスナップ的に撮った梅の写真を
アップしていますが、今日は三脚持参でマ
クロレンズ&接写リング使用で撮ってきま
した。
撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2910

 
Dsc_2912

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井波 本町通り「お人形さま巡り」 撮影:2017.3.19

 彫刻の町「井波」で3/26まで開催中です。
18・19日は商工会の皆さんが「いっぷく処」
を開いて「ぜんざい」や「お餅」「栗おこわ」
等を超安値で販売していらっしゃいました。
http://www.city.nanto.toyama.jp/cms-sypher/www/info/detail.jsp?id=17662
 江戸時代から現代のガラス製のお雛様
や子供たちの折り紙のお雛様まで多種多
様なお雛様が60程のお店に飾られてい
て楽しめました。
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
5

 
6
 
7
 
8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十八番 明泉寺 その4

 こんな釈迦如来像は初めて見ました。
木目が見えますが以前は何らかの色が
塗られていたのでしょうかね。台座を見
ると赤い色が見えるような気がします。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
13

 
14
 
15
 
16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

富山市ファミリーパークにて 梅園 撮影:2017.3.18

 3/18に桜の花の画像をアップしましたが
この時の目的は梅園でした。と言う訳で梅
の写真をご覧いただきたいと思います。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
1

 
2
 
3
 
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その28(最終回)

 一枚目は肋骨が刻まれていますね。
そして、二枚目は仁王様の様なお顔に
見えるのですが。
 さて、五百羅漢様の掲載については
まだまだ画像は有るのですが長く続き
過ぎた様ですので今回を最終回とさせ
ていただきます。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2280

 
Dsc_2293

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十八番 明泉寺 その3

 国指定重要文化財の石造五重塔が三枚目
と四枚目です。鎌倉・室町期の石造物が沢山
有ると言う事ですが今回廻った奥能登地区の
お寺は何処も立派なお寺だったようですね。

 
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
9
 
10
 
11
 
12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

兼六園 梅園 その9(最終回) 撮影:2017.3.13

 兼六園最終回の二枚目から四枚目は瓢池
での3枚です。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_6550

 
Img_6551
 
Img_6562 
Img_6571

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その27

 一枚目は女性の様に見えますがどうなんで
しょうね?
 そして二枚目の両手に持っているのはひょ
っとして眼鏡についてる棒なんでしょうか。そ
んな風に想像してみましたが。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2209

 
Dsc_2232

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十八番 明泉寺 その2

 このお寺の本堂は傷み具合が進んでいて
修復が必要な様に感じました。この後で回っ
た富山県内のお寺に比べると能登地区が古
くて痛みが酷いように思えましたね。まぁ、風
情があるとも言えますけど。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
5

 
6
 
7
 
8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

兼六園 梅園 その8 撮影:2017.3.13

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_6398

 
Img_6399
 
Img_6492
 
Img_6527

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その26

一枚目は何か聞こうとしている羅漢さんです。
信者の願いを聞こうとしていらっしゃるのか?

二枚目は右手を額にかざしていたその手が
欠けてしまったんでしょうかね。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2178

 
Dsc_2194

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十八番 明泉寺 その1

 「北陸三十三ヵ所観音霊場巡り」奥能登編
の最後は明泉寺さんです。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
1

 
2
 
3
 
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

兼六園 梅園 その7 撮影:2017.3.13

 緑色の綺麗な鳥に気が付いて
家内(空飛ぶアヒル)が撮りまし
た。鳩だとは思いましたがあまり
見かけない鳥なので検索して見
たら「アオバト」と言うらしいです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%88
 四枚目は帰途に茶店で買った
ソフトアイスです。買ったのは年
金生活者の私達ですので安い
方の金箔粉の¥480です。

撮影:空飛ぶアヒル
Dsc_6766

 
Dsc_6773
 
Dsc_6780
 
Dsc_6795

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その25

 一枚目は髪の長い羅漢さんですが
二枚目の羅漢さんは右手に何を持っ
ていらっしゃるんでしょうね。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2064

 
Dsc_2130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十七番 上日寺(能登) その4 最終回

 お寺の山門までの道を見付けるのに
苦労しました、随分と細い道なんですよ。
https://goo.gl/maps/ZTyLCdhWFuB2

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
14

 
15
 
16
 
18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

桜咲く 富山市ファミリーパークにて 撮影:2017.3.18

 兼六園の梅林で肩透かしを食らった私達は
以前に通りかかってその見事な咲きっぷりに
気が付いていた富山市ファミリーパークへ行
ってきました。ところが今度は最盛期を過ぎて
花びらがしおれ始めていたのが何とも残念で
した。何ともタイミングの悪い私達です。
 その梅の傍らに植わっている桜の花が咲き
始めていたのでご覧いただきたいと思います。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2351

| | コメント (0) | トラックバック (0)

兼六園 梅園 その6 撮影:2017.3.13

 二枚目や三枚目の画像の様に和服姿の
若い人を沢山見かけたんですよね。大学生
の様な年代に見えたんですが。

撮影:空飛ぶアヒル
Dsc_6742

 
Dsc_6751
 
Dsc_6757

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その24

 一枚目の両手の人差し指を向き合わせて
いるポーズはどんな意味があるんでしょうか
ね?

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2112

 
Dsc_2121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十七番 上日寺(能登) その3

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
9

 
10
 
11
 
13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

兼六園 梅園 その5 撮影:2017.3.13

 園内の瓢池(ひさごいけ)ですが水面の
反射に惹かれて撮った写真です。

撮影:空飛ぶアヒル
Dsc_6720

 
Dsc_6722
 
Dsc_6725
 
Dsc_6729

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その23

 一枚目は右手でお釈迦様を肩の上へ掲げ
ていらっしゃるのでしょうかね。そして、二枚目
は童子が天蓋(で良いのかな?)を捧げ持っ
ているんでしょうか。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2103
 
Dsc_2109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十七番 上日寺(能登) その2

 仁王様の画像で一部に青く見える部分が
ありますが、これは金網の網目が細かくて
レンズを網にくっ付けて撮ってもこれだけ写
り込んでしまった為です。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
4

 
5
 
6
 
7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

兼六園 梅園 その4 撮影:2017.3.13

 この日は和服姿の男性や女性の姿を
随分多く見かけましたが、兼六園で何か
和服イベントでも有ったのでしょうかね。
それらしい看板もポスターも見かけなか
ったんですが。
撮影:空飛ぶアヒル
Dsc_6703

 
Dsc_6708
 
Dsc_6710
 
Dsc_6718

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その22

 何かの台の上に両手を重ねて置いて
それに顎を載せている何ともリラックス
した羅漢さんが一枚目で、次のは竪琴
か何かの楽器を奏でているのでしょう
か。違ってるんでしょうかね?

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2079

 
Dsc_2091

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十七番 上日寺(能登) その1

 今日から「能登の上日寺さん」です。
上日寺さんと言うと私には地元「氷見
の上日寺さん」しか知りませんでした
が今回の北陸三十三ヵ所観音霊場
巡りで初めて知ったお寺さんです。
 今日アップしてる写真に信号機が
写っていますが「何のための信号機な
のか?」分かりませんでしたが、山門
をくぐり、長い参道を進んで本堂前迄
行って、振り返って見て初めて分かり
ました。参道が細いので途中で自動
車同士が鉢合わせしない様にと設置
されているんですね。その為の自動
感知器もありました。
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
1

 
2
 
3
 
17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

兼六園 梅園 その3 撮影:2017.3.13

 兼六園内に凄い根っ子の松があって
目を引きました。これを見た観光客が
「エイリアンみたい」等と・・・・・。

撮影:空飛ぶアヒル
Dsc_6697

 
Dsc_6698
 
Dsc_6699
 
Dsc_6702

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その21

 立膝で経本(?)を広げる羅漢さんと
巻物を読む羅漢さんでしょうか。

撮影:木偶乃坊写楽斎

Dsc_2037
 
Dsc_2040

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 廃番 金蔵寺 最終回

 この金蔵寺ではお地蔵さんが沢山安置され
ているのが印象的でしたね。
 現在、参加されていないと言う事なので今回
で金蔵寺さんは最終回とさせていただきます。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
9

 
10
 
11
 
12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

兼六園 梅園 その2 撮影:2017.3.13

 昨日の続きとしてアップいたします。
お花見の準備が進んでいましたが、園内の
雪吊りはまだ取り払われていなくて綺麗な
その造形を見る事が出来たのが幸いでした。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Img_6376
 
Dsc_6670
 
Dsc_6674
 
Dsc_6678
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その20

撮影:木偶乃坊写楽斎

Dsc_2058
 
Dsc_2067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 廃番 金蔵寺 その2

 天然記念物の「タブの木」です、見事でしたね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル

5
 
6
 
7
 
8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

兼六園 梅園 撮影:2017.3.13

お天気も良くてお出かけ日和に家の中で
燻ぶっているのもどうかと思って兼六園へ
行ってきました。「梅が見頃」とどこかに書
いて有った様な気がしましたのでね。
 でもねぇ、残念ながら花数が少なくてパ
ラパラとしか咲いていなくて隙間だらけで
した。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Img_6464
 
Dsc_6717

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その19

 羅漢さんご紹介はまだまだ続きますので
お付き合いの程をよろしくお願いいたしま
す。
 と言うのはここを訪れた際にその数のあ
まりの多さに一部だけを撮って、別に機会
を作って「全てを」と思って撮り始めたので
すが、面白い羅漢さんが沢山あったので
ついつい最後まで見て回ってしまいました。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_2022

 
Dsc_2031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 廃番 金蔵寺 その1

 今日の金蔵寺さんを「廃番」と表題に書きま
したが、これは「北陸三十三ヵ所観音霊場」と
検索した際に、公式サイトには載っていなか
ったんですが数か所のサイトでこのお寺を載
せている所が有ったので念の為に行って見
ました。結果は三枚目の写真に有る様に貼
り紙があり、現在は参加していないと言う事
でした。折角撮ってきたことでもあり、参加し
ていた時期もあったと言う事ですので載せさ
せていただきます。
北陸三十三ヵ所観音霊場公式サイト
http://www.hokurikukannonreijyoukai.jp/map/index.html
金蔵寺さんがリストに入っているサイト(他にも数カ所あり)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E9%99%B8%E8%A6%B3%E9%9F%B3%E9%9C%8A%E5%A0%B4

 アップした後で調べてみました。すると
「2014.07.16特番 金蔵寺が役務を終了しました。
新たに福井県敦賀市の「金前寺」が特番礼所とし
て開始されました 」
http://www.hokurikukannonreijyoukai.jp/

と書いてありましたので追加情報として
お知らせさせていただきます。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
1

 
2
 
3
 
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その18

 軍配団扇を持っている羅漢さんと
アイスクリームを持っている羅漢さ
んです。いえ、多分「払子(ほっす)」
だとおもいますが、持っていらっし
ゃるのは。違ったかな?

撮影:木偶乃坊写楽斎
Gunpaiutiwa

 
Hossu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十六番 岩倉寺 その8最終回

 岩倉寺さんの最終回です。
最初に書きましたが足の弱い私達夫婦でし
たので駐車場からお寺までの急階段と長い
距離を心配してんですが無事お参りする事
出来てホッとしています。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
29

 
30
 
31
 
32

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その17

 二枚目は何かを真剣に聴いている様な羅漢さんです。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1998

 
Dsc_2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十六番 岩倉寺 その7

 一昨日アップした鐘楼と今日の本堂は周り
をシートや萱で編んだ筵で囲われていました。
冬の風雪対策なんでしょうね、能登地区の他
のお寺でも同じ様な対策をされていました。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル

25
 
26
 
27
 
28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その16

 耳に手を当てている羅漢さんと両頬に手を
当てている羅漢さんです、それぞれに意味が
有るんでしょうが私には分かりません。😢

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1986
 
Dsc_1989

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十六番 岩倉寺 その6

 石造り五重塔は鎌倉末期に造られたと言う
事です。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル

21
 
22
 
23
 
24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その15

 二枚目の写真はお釈迦様に拝礼している 
んでしょうかね。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1962
 
Dsc_1965

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十六番 岩倉寺 その5

 本堂前の山門左手には鐘楼があり、
その先へ10mほど進むと展望が開け
て、遥か眼下に海岸線が見える素晴
らしい光景を見る事が出来ました。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
17

 
18
 
19
 
20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その14

 今日の写真、それぞれの羅漢さんが持って
いるモノが私には分からないんですが。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1950

 
Dsc_1956

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十六番 岩倉寺 その4

 一枚目の画像は山門に付けられていた
んですが木製の寺紋でしょうかね。四枚目
は本堂背後に見える山は岩倉山だと思わ
れます。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
13

 
14
 
15
 
16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その13

 二枚目の画像で背中の方に尻尾の様な
のが見えますよね。最初は羅漢さんに尻尾
が有るのかと思いましたが、胸辺りを見ると
蛇の頭の様なのが見えました。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1923

 
Dsc_1929

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十六番 岩倉寺 その3

 山門からの長い階段をやっとの思いで上る
とようやく本堂前の山門が見えてきます。4枚
目はその登ってきた階段を振り返ってみた
写真です。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
9

 
10
 
11a
 
12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その12

 風化で顔の半分が剝がれたために
「仮面の男」風になってしまった羅漢
さんと、しくじったのか頭に手を当て
ている羅漢さんです。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1893

 
Dsc_1899

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十六番 岩倉寺 その2

 駐車場から見える山門です。
そして、その中の仁王様二体の画像ですが
これは小さめでしたね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
5

 
6
 
7
 
8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その11

 一枚目の羅漢さんが抱えているのは何で
しょうね?私にはさっぱり見当がつかないん
ですがご存知の方がありましたら教えていた
だけませんでしょうか、よろしくお願いいたし
ます。
 そして、二枚目の羅漢さんの足元には二
頭の子犬がいます。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1875
 
Dsc_1884

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十六番 岩倉寺 その1

 このお寺へ行くルートをgooglemapで調べる
と途中で道が消えています。歩くのと坂が苦
手な私たち夫婦は不安に駆られました。それ
で岩倉寺参拝を記しているサイトを何か所も
調べましたがそのほとんどで「山門からの長
い階段を上った」と書いてあります。ただ一
ヵ所だけ「急坂を上って鋭角に曲がる急な
場所でタイヤが煙を上げるほどスリップさせ
て境内へ」と書いたところが有ったのでそれ
で行けるようにと念願しながら向かいました。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
1
 
2
 
3
 
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その10

 今日は教本を持った羅漢さんと、童子を
伴った羅漢さんです。

撮影:木偶乃坊写楽斎

Dsc_1866
 
Dsc_1873

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十五番 總持寺祖院 最終回

 今日で總持寺祖院は最終回となります。
明日からは第16番岩倉寺さんをご紹介さ
せていただきます。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル

49
 
50
 
51
 
52

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その9

 椅子に座った羅漢さんです。
検索して見たんですがこの椅子は「曲彔」と
言うらしいですね。「きょくろく」と呼ぶ様です
がこの「ろく」の文字に木偏がついたのと衣
偏がついたのと、金偏がついたのとが見つ
かりました。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1857

 
Dsc_1863

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十五番 總持寺祖院 その12

 法堂内部の二回目です。
大きな太鼓が左右の法堂入口に据えられて
いたのが印象に残っています。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
45

 
46
 
47
 
48

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その8

 女性の様なポーズの羅漢さんと、風化して
まん丸になったお顔の羅漢さんです。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1836

 
Dsc_1842

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十五番 總持寺祖院 その11

 今日からは法堂内部の写真になります。
明日と明後日まで三回に分けてアップして
總持寺祖院の回は終了となります。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
41

 
42
 
43
 
44

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

五百羅漢 富山市呉羽山「長慶寺」 その7

 仏様にお供物を供える羅漢さんや立膝の
羅漢さんもいらっしゃいました。
 これらの羅漢さんは背負われてこの呉羽
山の中腹にある長慶寺まで運ばれたと言う
事ですが大変だったでしょうねぇ。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_1828

 
Dsc_1834

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十五番 總持寺祖院 その10

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
37

 
38
 
39
 
40

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »