« 北陸三十三ヵ所観音霊場 第二十二番 永光寺(ようこうじ) その1 | トップページ | 北陸三十三ヵ所観音霊場 第二十二番 永光寺(ようこうじ) その3 »

2017年4月11日 (火)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第二十二番 永光寺(ようこうじ) その2

 この永光寺と総持寺の関連で「峨山道」
あるいは「峨山往来」と言われる逸話が
あります。下記リンク先には以下の様に
書かれています。
 *******************************
「峨山道」は、「峨山往来」とも称し、總持寺二祖峨山韶碩禅師が、輪島市門前町の總持寺と羽咋市酒井町にある永光寺の住職を兼ねていた暦応3年(1340年)から20余年間、往来した両寺を結ぶ13里(52km)の山道で、禅師は毎朝未明に永光寺の朝課を勤め、13里の険しい道を越えて、總持寺の朝の読経に間に合わせたと伝えられる。
總持寺では、朝粥を終え、禅師の来着を待ちつつゆっくり読経する「粥了諷経の大真読」のならわしが、禅師の没後650年余の今も行われている。
http://gasando.info/gasando/

峨山往来のコースがこちらに載っていました。
http://gasando.info/wp-content/uploads/gasan_ourai.pdf

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
5

 

6

 

7a

 

8a

|

« 北陸三十三ヵ所観音霊場 第二十二番 永光寺(ようこうじ) その1 | トップページ | 北陸三十三ヵ所観音霊場 第二十二番 永光寺(ようこうじ) その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103733/65135330

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸三十三ヵ所観音霊場 第二十二番 永光寺(ようこうじ) その2:

« 北陸三十三ヵ所観音霊場 第二十二番 永光寺(ようこうじ) その1 | トップページ | 北陸三十三ヵ所観音霊場 第二十二番 永光寺(ようこうじ) その3 »