« 2017年5月 | トップページ

2017年6月29日 (木)

氷見「ふれあいの森」紫陽花 1 ぶらっと写楽斎in氷見

 ふれあいの森「水生園」(私が勝手に
「あじさい園」と命名していますが)では
紫陽花が見頃を迎えています。ただ、
今年は花数が少なくてちょっと寂しい感
じです。
http://www.city.himi.toyama.jp/shisei/node_161/node_31296/node_31302

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_8666

 
Dsc_8667
 
Dsc_8670
 
Dsc_8676

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷見市海浜植物園 その3 漂流物アート展2017 B

 昨日の写真の三角窓の建物の内部が
こんなスペースになっています。アート作
品展示にピッタリの雰囲気だと思いませ
んか。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_8579

 
Dsc_8583
 
Dsc_8594
 
Dsc_8595

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

氷見市海浜植物園 その2 漂流物アート展2017 A

 松太江浜に漂着したゴミを利用して作った
アート作品が展示されていましたが、見とれ
てしまう作品が多かったですね。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_8553

 
Dsc_8559
 
Dsc_8562
 
Dsc_8565

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高瀬遺跡の花菖蒲 4(終)

 この遺跡は高瀬神社の近くですので
皆さんもお寄りになってみてはいかが
でしょうか。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_8733
 
Dsc_8735
 
Img_9101
 
Img_9118

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

氷見市海浜植物園 その1 ハーブ展

 松田江の長浜にある氷見市海浜植物園を
ご紹介させて頂きます。先ずは7/2に終了し
てしまう「ハーブ展」と「漂流物アート展2017」
の二つのイベントをアップさせていただきま
す。

http://www.himi-kaihin.com/event/

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_8600

 
Dsc_8601
 
Dsc_8606
 
Dsc_8610

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高瀬遺跡の花菖蒲 3

 ここの水路は荘園の役所跡にあった水路を
復元したものだそうですが花菖蒲を撮るのに
画面に変化が出せて良かったです。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_8706  

 
Dsc_8707
 
Dsc_8716
 
Dsc_8730

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「松田江の長浜」5(終) ブラッと写楽斎in氷見  撮影:2017.6.22

 白砂青松の松田江の長浜と言う以上は松
の防風林の写真もないといけませんよね。
ここの松も能登方面の被害と同じでマツク
イムシにやられて随分と寂しい松原になっ
ています。そこで対策として松の苗が育て
られていました。能登は全く対策がなされ
ていないように思いますので氷見市民とし
ては嬉しいですね。
 三枚目と四枚目の写真の松は元気な松
でして曲がり具合などが面白かったので
シャッターを切りました。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_8459

 
Dsc_8422
 
Dsc_8445
 
Dsc_8492

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

「松田江の長浜」5 ブラッと写楽斎in氷見  撮影:2017.6.22

 遠くにポールが立っていたので近寄って
みると漂着物の旗が翻っていました。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_8333

 
Dsc_8348
 
Dsc_8375
 
Dsc_8397

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高瀬遺跡の花菖蒲 2

 撮影していると水路がなんだか騒がしい
んですね。よく見ると鯉が群れてバチャバチ
ャと飛沫を上げて飛んだり跳ねたりしていま
す。それも杉の葉を束ねて浸してある所で
なんですね。どうも今頃が鯉の「恋の季節」
らしいです。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_8607

 
Dsc_8610
 
Dsc_8699
 
Dsc_8700

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

「松田江の長浜」4 ブラッと写楽斎in氷見  撮影:2017.6.22

 この砂浜は私が子供の頃、夏休みは毎日
のように泳ぎに来ていた所なんですが砂浜
の幅がもっと有ったように思います、侵食さ
れているんでしょうね。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_8284

 
Dsc_8289
 
Dsc_8298
 
Dsc_8316

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高瀬遺跡の花菖蒲 1

 花菖蒲を尋ねて次は高瀬遺跡です。
ここは平安時代の東大寺領荘園跡地
の役所跡と言われていて、古代荘園跡
として我が国初の国指定の史跡となっ
たそうです。
http://www.city.nanto.toyama.jp/cms-sypher/www/section/detail.jsp?id=225

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_8040
 
Dsc_8064
 
Dsc_8069
 
Dsc_8078

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

「松田江の長浜」3 ブラッと写楽斎in氷見 撮影:2017.6.22

 氷見の海岸線での撮影というと大体が
「海の上の立山連峰」と言う事になります
が、今回は足元の海岸線に注目したいと
思って撮りました。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_8244

 
Dsc_8262
 
Dsc_8273
 
Dsc_8277

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頼成の森 花菖蒲(砺波市) 3(終) 撮影:2017.6.15

 今回は滑川の行田公園で撮影した後に
こちらへ来たので疲れからあまりシャッター
を切らなかったので三回で終了です。それ
と行田公園の庭園風の所が有るのと違っ
て、沢山有るけど畑に植わっている様な
無味乾燥な部分が興味をひかなかったの
かもしれませんね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Img_8952

 
Img_8953
 
Img_8966
 
Img_8967

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

「松田江の長浜」2 ブラッと写楽斎in氷見 撮影:2017.6.22

 天平時代は松田江の長浜は砂州だったん
ですね。リンク先の地図で右方で富山湾に
面して「松田江」と書かれているのが「松田江
の長浜」で、中央の白い部分が「布勢の水海」
。赤い部分が陸地だったと言う事です。
http://photozou.jp/photo/show/203651/159677979

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_8150
 
Dsc_8183
 
Dsc_8190
 
Dsc_8226

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頼成の森 花菖蒲(砺波市) 2 撮影:2017.6.15

  頼成の森の花菖蒲は数も種類も多く、広さ
も県内随一で流石という感じです。各花には
名札もついていますが、余りの種類の多さに
覚える気も起きない駄目な私でした。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Img_8917

 
Img_8918
 
Img_8927
 
Img_8939

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

「松田江の長浜」1 ブラッと写楽斎in氷見 撮影:2017.6.22

  氷見市から高岡市の雨晴まで続く白砂青松
の砂浜です。ここの松林は天然の防風林で
古くは天平時代の万葉歌人「大伴家持」が歌
に詠んだりしています。
http://www.pinerescue.jp/jiten/matsu/mijikana_matsubara/pdf/mijika_39.pdf

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_8129

 
Dsc_8135
 
Dsc_8136
 
Dsc_8143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頼成の森 花菖蒲(砺波市) 2 撮影:2017.6.15

 さすがによく知られた花菖蒲園だけに平日
にも関わらず大勢の人が観賞においでにな
っていて、駐車場も満員でしたね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_8522

 
Dsc_8523
 
Dsc_8558
 
Img_8912

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

頼成の森 花菖蒲(砺波市) 1 撮影:2017.6.15

 ここでは600品種70万株の花菖蒲が
植わっていると言うことです。私が行った
時は満開にはなっていませんでしたので
イベント「花菖蒲まつり」は終わっていま
すが今が見頃ではないでしょうか。

http://www.bgtym.org/ranjyounomori/

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_8023
 
Dsc_8508
 
Dsc_8509
 
Dsc_8511

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

行田公園の花菖蒲(滑川市) 3(終) 撮影:2017.6.15

 平日でも多くの人が訪れている公園です。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_8472

 
Dsc_8502
 
Img_8876
 
Img_8879

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

行田公園の花菖蒲(滑川市) 2 撮影:2017.6.15

 この公園では一昨年訪ねた時も今回も
絵を描く人やギターを弾いて来園者を楽し
ませてくれる人がいましたが、こんな光景
を私としてはここ以外に見た覚えがありま
せん。という訳で大好きな公園の一つです。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_7987

 
Dsc_7997
 
Dsc_8434
 
Dsc_8445

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

行田公園の花菖蒲(滑川市) 1 撮影:2017.6.15

  四万株の花菖蒲が有ると言う公園です。
ここは京都祇園社の荘園の一部だった事
から祇園田と呼ばれ、それが訛って行田と
なったと言うことです。
http://www.info-toyama.com/spot/51097/

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_7964

 
Img_8833
 
Dsc_8380
 
Dsc_8394

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

睡蓮(氷見市 十二町潟水郷公園)その6(最終回) 撮影:2017.6.12

 最終回は花菖蒲に代わって睡蓮の
写真です。睡蓮の咲く期間は長いの
でいつでもおいでください、蓮の花も
一緒に見られる時期も良いかもしれ
ませんね。8月になるとオニバスを見
る事もできます。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_7509

 
Dsc_7531
 
Dsc_7547
 
Dsc_7567

| | コメント (0) | トラックバック (0)

睡蓮(氷見市 十二町潟水郷公園)その6(最終回) 撮影:2017.6.12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

花菖蒲(氷見市 十二町潟水郷公園)その5 撮影:2017.6.12

 この十二町潟水郷公園には芝生広場も
あって週末になると家族連れでお弁当を
もって遊びにおいでになっているグルー
プも見かけます。皆様も花菖蒲見物を兼
ねておいでになってみてはいかがでしょ
うか。
撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_7800

 
Dsc_7851
 
Dsc_7878
 
Dsc_7893

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第三十三番 法福寺 その6(最終回)

 三枚目と四枚目の桜は「富山さくらの名
所70選」に選ばれている銘木なんですね。
http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1603/kj00011575-006-01.html

 さて「北陸三十三ヶ所観音霊場」の三十
三ヶ所目も最終回となりました。福井県は
遠いので最初からお参りするのを諦めて
いましたので一区切りとさせていただきま
す。ただ、ここまで廻ってしまうと全制覇し
たいとも思い始めていますので、その内
にアップするかもしれませんが、もし再開
する様でしたらその節はよろしくお願いい
たします。
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
25

 
26
 
27
 
28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

花菖蒲(氷見市 十二町潟水郷公園)その4 撮影:2017.6.12

 この公園の蓮池もなかなか楽しめるんですよ。
夏にアップいたしますのでご期待くださいね。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_7742

 
Dsc_7752
 
Dsc_7743_2
 
Dsc_7773

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第三十三番 法福寺 その5

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
20

 
21
 
22
 
23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

花菖蒲(氷見市 十二町潟水郷公園)その3 撮影:2017.6.12

 この十二町潟水郷公園はウォーキングの
方が朝昼問わず多いです。真冬でも雪の
積もった潟の周りを歩いていらっしゃるのに
驚きます。お医者さんに軽い運動を勧めら
れている私としては見習わないといけない
のですが・・・。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_7677

 
Dsc_7703
 
Dsc_7704
 
Dsc_7737

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第三十三番 法福寺 その4

 ここを訪ねたのは2月末でしたのでご覧の
様に残雪が有り梅が咲いていました。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
17

 
18
 
19
 
24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

花菖蒲(氷見市 十二町潟水郷公園)その2 撮影:2017.6.12

 あまりPRされていないにもかかわらず、この
公園の花菖蒲をご存じの方がいらっしゃる様
で撮影中にも絶え間なく鑑賞客の出入りがあ
りました。という訳で公園の花々の補充とPR
の必要性を感じながらの撮影でした。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_7585

 
Dsc_7631
 
Dsc_7638
 
Dsc_7653

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富山県花総合センター その6(最終回)

 大きめの木にモヤモヤとした花らしきものが
目に入りました。帰ってきてから調べると「煙
の木(スモークツリー)」と言うんだそうです。
https://www.uekipedia.jp/%E8%90%BD%E8%91%89%E5%BA%83%E8%91%89%E6%A8%B9%E2%91%A1-1/%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%BC/

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
9

 
10
 
11
 
12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第三十三番 法福寺 その3

 このお寺にも前田家の御紋がありました。
今回の北陸三十三ヶ所観音霊場巡りでは
前田家の家紋がよく見られました。ここは
呉東地区の新潟に近いんですが流石の御
威光なのでしょうか。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
13

 
14
 
15
 
16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

花菖蒲(氷見市 十二町潟水郷公園)その1 撮影:2017.6.12

 十二町潟水郷公園はオニバスで知られて
いますが白鳥飛来地としても知られていて
私も頻繁に訪れています。そんな公園です
が市や観光協会等ではあまりPRされてい
ない水生植物も見応えがあるんですね。
http://www.kitokitohimi.com/site/tourism-guide/274.html
そんな中の一つ花菖蒲が咲き始めていま
したので今日撮ってきました。因みにこれ
以外ではよく宣伝されているオニバス以外
に蓮の花も見事なんですよ。そうそう睡蓮
も今日撮ってきました。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_7406

 
Dsc_7410
 
Dsc_7431
 
Dsc_7446

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富山県花総合センター その5

 今日はバラ以外の花もご覧いただきたいと
思います。
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
5_2

 
6_2
 
7_2
 
8_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第三十三番 法福寺 その2

 山門から先に進むと左手前方に大きな池
が現れます。四角く周りがコンクリートで固
められていますので人工池なんでしょうね。
その真中には祠が有りました。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
5

 
6
 
7
 
8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

富山県花総合センター その4

 薔薇の名札を見ると沢山ありますね。
皇室に因んだ名前も多くありましたが勝手に
名前を付けれるものなんでしょうか?
 と、思って検索してみると条件が揃えば自
分で付けれるようですし、命名権を買う事も
出来るらしいですが、どうも私には理解不能
なお話です。

命名権が商売になる業界って?(以下省略)

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
1_2

 
2_2
 
3_2
 
4_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第三十三番 法福寺 その1

 「北陸三十三ヶ所観音霊場巡り」も最後の
三十三ヶ所目に来ました。ただし、福井県は
遠いので十二番目の石川県にある那谷寺
から初めている私達ですけどね。でも、石川
県と富山県を全て廻ったので「一番から十一
番の福井県も制覇したい」との思いもありま
す。
http://www.hokurikukannonreijyoukai.jp/reisho/33.html

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
1
 
2
 
3
 
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

富山県花総合センター その3

 四枚目もバラの一種なんですね。
「バレリーナ」と書いてありました。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル

Dsc_7376

 
Dsc_8357
 
Dsc_8359
 
Dsc_8363

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第三十二番 十三寺 その3(終)

 今までに周ったお寺には何処にもお地蔵さ
んを沢山見る事ができましたが、この十三寺
さんでは石碑が多くてお地蔵さんが少なかっ
たのが印象的でしたね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
9

 
10
 
11
 
12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

富山県花総合センター その2

 色んな種類のバラが見事な咲きっぷりを
競っていました。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_7315

 
Dsc_7328
 
Dsc_7330
 
Dsc_7335

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第三十二番 十三寺 その2

 山門の天井に龍頭観音が描かれていまし
たが山門の天井では今までにはあまり見な
かった様に思います。そして、なんとも素朴
な、そして、ほのぼのとした仁王様でした。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
5

 
6
 
7
 
8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

富山県花総合センター その1

 ここは今年の三月にも行ってるんですが
その時に見れたのはランの温室だけで園
内に広がる庭園は寒々としていました。
 という訳で再度訪ねた次第です。色んな
花が咲いて楽しく鑑賞できましたが、今は
なんと言ってもバラが見事でしたね。
http://elega.tulipfair.or.jp/
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_7252

 
Dsc_7258
 
Dsc_7300
 
Dsc_7307

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第三十二番 十三寺 その1

 十三寺さんは今回訪ね歩いたお寺の中
では比較的小じんまりとしたお寺でした。
宇奈月温泉が近くあったりします。
http://www.hokurikukannonreijyoukai.jp/reisho/32.html

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
1

 
2
 
3
 
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

南砺 花と緑のフェスティバル(南砺市園芸植物園)4(終) 撮影:2017.6.4

 ビンの中に入れたドライフラワーがあって
「フラワーボトル」と貼ってありましたが初め
て私は見ましたね。それと、何故か剥製の
イノシシが展示してありましたので撮りまし
たが富山県ではイノシシの被害が多くて大
変なんですよ。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
5

 
6
 
7
 
8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第三十一番 正源寺 その4(終)

 辰年生まれの私ですので龍を見ると
気になるんですね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Img_5616

 
Img_5617
 
Img_5623
 
Img_5632

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

南砺 花と緑のフェスティバル(南砺市園芸植物園)3 撮影:2017.6.4

 シャボン玉で遊んだり、二階から紙飛行機を
飛ばしたりと大喜びの子供たちが愛しかった
です。
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
1

 
2
 
3
 
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千里浜なぎさドライブウェイ 能登半島(羽咋市など) 3(終)

 砂浜には逃げ水(蜃気楼)が現れています。
終点のレストハウス脇を通り過ぎると二枚目
画像の様に乾いていてタイヤが潜ってしまい
ますから注意が必要です。一般道から浜へ
入る境目で身動きできなくなったワンボック
スの車がいました。気の毒なので写真を撮
らなかったんですが、帰途に通りかかった時
もそのままで諦めたのかカップルが前席に
座ったままでしたからレッカー車でも頼んだ
んでしょうか、皆様もおいでの際はご注意を。

撮影:木偶乃坊写楽斎
6
 
7
 
10
 
11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第三十一番 正源寺 その3

 地蔵堂の鏝絵が凄いです。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Img_5587

 
Img_5594
 
Img_5600
 
Img_5608

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

南砺 花と緑のフェスティバル(南砺市園芸植物園)2 撮影:2017.6.4

 各種団体さんが作ったミニ庭園が並んでい
て、人気投票が行われていました。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_7144

 
Dsc_7145
 
Dsc_7156
 
Dsc_7157

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千里浜なぎさドライブウェイ 能登半島(羽咋市など) 2

 「砂浜を自動車で走れるのは世界で三箇所
だけ」と書いてあるサイトが有りましたが真偽
の程はともかくとして珍しい事に間違いはあり
ません。
 車が走れる理由として
「きめ細やかな砂に適度な水分が混ざると砂
浜は固く絞まり、普通の道路のように車や自
転車などで走行可能になるのです。ただし水
分が少なかったり、逆に多すぎる場所では、
むしろ砂がサラサラと流れやすくなるので、車
で走行する際は走るラインに注意が必要です。
(※波が高いなど、悪天候の際には通行規制
がかかります)」
とありましたね。
撮影:木偶乃坊写楽斎
5

 
7
 
9
 
8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第三十一番 正源寺 その2

 山門に仁王像はありませんでしたね。
北陸三十三ヶ所観音霊場は真言宗のお寺が
多くて、この正源寺さんは曹洞宗なんです。
それで宗派によって違うのかと思って検索し
てみましたが、それによると天台宗・真言宗
多いけれどもそれ以外の宗派のお寺でも仁
王様がいらっしゃる様です。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Img_5582
 
Img_5584
 
Img_5575
 
Img_5576

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

南砺 花と緑のフェスティバル(南砺市園芸植物園)1 撮影:2017.6.4

  4/4から4/6にかけてご紹介した「南砺市
園芸植物園」で「花と緑のフェスティバル」
が開かれていると聞いて行ってきました。
この会場は3月に行ったんですが花は温
室内のだけで、庭園には花はまだ咲いて
いなくて寂しい思いをしてきたので華やか
さを求めて行ったという次第です。
 以前の温室内花のアップは
http://my206cc.cocolog-nifty.com/my206cc/2017/04/post-9964.html

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_7110

 
Dsc_7123
 
Dsc_8318
 
Dsc_7125
 
Dsc_8319
 
Dsc_7127

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千里浜なぎさドライブウェイ 能登半島(羽咋市など) 1

 自動車で走れる砂浜として知られる千里浜
です。今までに何回も来ていますが8kmもあ
る事から端から端までを走破したことがなかっ
たので今回初めて走ってみました。先ずは宝
達志水町の今浜からです。「のと里山海道」
の今浜ICを降りて海岸へ入ります。
https://goo.gl/maps/3Tdd5pjJHc32
 なお余談ですが、この地図で「あい物」に
ポイントが付いていますが、ここはお蕎麦屋
さんでして私たち夫婦にとっては日本一の
蕎麦屋さんです。能登へおいでになった際
には是非お寄りください。(ただし、個人的
印象ですので皆様のお口に合うかどうかの
保証はできませんが悪しからず。為念)
撮影:木偶乃坊写楽斎
1

 
2
 
3
 
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第三十一番 正源寺 その1

 「正源寺は戦国期の佐々成政や江戸期
富山藩歴代藩主が常願寺川の氾濫を恐
れて、この正源寺を水防祈願の祈祷所と
した」と案内されていました。

http://www.hokurikukannonreijyoukai.jp/reisho/31.html

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Img_5561

 
Img_5566
 
Img_5568
 
Img_5572

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

氷見海岸の日の出 5(終) 虻ヶ島と朝日 撮影:2017.5.30

 この日に撮った写真は今日で終わりますが
氷見海岸の日の出は出来るだけ撮りに行き
たいと思っていますので次回にご期待下さい!
撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_8649

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第三十番 海禅寺 その4(最終回)

 撮影に行ったのが3月初めだったので
梅の花がキレイに咲いていました。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_5685

 
Img_5695
 
Img_5696
 
Img_5699

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

氷見海岸の日の出 4 虻ヶ島と朝日 撮影:2017.5.30

 朝日が昇りきったので撮影場所を変えると
ハッとするほどの海面の煌めきが目に入り
黒くシルエットになった虻ヶ島と対比して撮
ってみました。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_8656

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頼成の森 C(終) 撮影:2017.5.29

 昭和天皇陛下と皇后陛下のお手植えの杉
です。胸の高さで幹直径が40数センチ、樹高
25m程となっていますが直下で見上げると真
っ直ぐに伸びた幹は4枚目の写真の様に天ま
で届くかと感じる程でした。
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
9

 
10
 
11
 
12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第三十番 海禅寺 その3

 一枚目の画像が観音堂で、竜宮を模した
山門と同じく、やはり赤い色で内部を覗いて
みたのですが暗くて見えませんでした。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_5668

 
Img_5675
 
Img_5678
 
Img_5679

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

頼成の森 B 撮影:2017.5.29

 第一駐車場の近くに天皇陛下と皇后陛下
お手植えの杉がありますのでそこへ向かい
ます。
 左手に桜が、右手には杉の森が広がって
いますが、それらは48年前の植樹祭で植え
られて、その時の苗がこんなに大きくなって
いるんですね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
5
 
6
 
7
 
8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷見海岸の日の出 3 虻ヶ島と朝日 撮影:2017.5.30

 もう大分朝日が上へ上がってしまいました。
Img_8605

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸三十三ヵ所観音霊場 第三十番 海禅寺 その2

 この日は到着すると同時に雨が降り始めて
あまりシャッターを切れなかったんですよね。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_5660

 
Img_5663
 
Img_5664
 
Img_5666
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ