« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月30日 (木)

氷見 唐島の朝  撮影:木偶乃坊写楽斎

 日の出前には思いがけない素晴らしい
光景を見せてくれることが有りますので
見逃せません。
Imgp7599

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月29日 (水)

氷見 黎明の氷見漁港  撮影:木偶乃坊写楽斎

 私は氷見漁港の朝を撮ることが少い様な
気がします。と言うのはこんな風に撮る事に
なるので立山連峰が入らないからなんでし
ょうか。
Img_9511

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月28日 (火)

氷見 夕焼けの比美乃江大橋  撮影:木偶乃坊写楽斎

 比美乃江大橋は何回も登場していますが
ここの夕焼けは毎回違った光景を見せてく
れます。
https://goo.gl/maps/NtVfQHwqpdu
Imgp8019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

イルミネーションinひみ 最終回  撮影:木偶乃坊写楽斎

 先にアップした二枚以外を纏めてアップして
イルミネーション写真を最終回にさせていただ
きます。

Dsc_3460

 
Dsc_3521
 
Dsc_3533
 
Dsc_3569

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷見 霧の海  撮影:木偶乃坊写楽斎

 この写真、氷見の海だとわかる部分は
ありませんが、自分としては何故か大好
きな一枚です。

Imgp9436

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

イルミネーションinひみ カラクリ時計 撮影:木偶乃坊写楽斎

 イルミネーションは中の橋周囲に飾られて
いますが、ここには忍者ハットリくんのカラク
リ時計が設置してあり、朝九時から夜七時
(夏季は夜九時まで)毎正時(土日祝日は
30分毎)にショーを見せれくれます。
http://www.kitokitohimi.com/site/tourism-guide/276.html
これは夜6時30分のショーでした。

Dsc_3511

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷見 氷見海岸の朝  撮影:木偶乃坊写楽斎

 昨日の写真と同じ時の写真です。
朝の海の撮影で漁船や遊漁船が
居てくれるとアクセントとなってくれ
るので助かります。
Imgp7016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

イルミネーションinひみ  撮影:木偶乃坊写楽斎

 昨日から点灯された「イルミネーションinひみ」
です。今年から街路樹への負担を少なくする様
にと雪吊りにLED照明を取り付けたそうです。
https://goo.gl/maps/PjMR5fzyxQN2

Dsc_3575

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷見 朝の海  撮影:木偶乃坊写楽斎

 海が金色に輝く湊川河口での朝の光景です。
https://goo.gl/maps/5GZAc567iJ12

Imgp6992

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

氷見 剱岳と水平雲 撮影:木偶乃坊写楽斎

 曇天でも立山連峰が見える事が有ります。
この時は麓あたりに水平な雲が有る珍しい
光景でしたのでシャッターを切りました。
Img_1037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

氷見 今日の一枚 桜の枯れ葉と芽

 散歩の途中で枯れた桜の葉が目について
を撮っていたら芽の様なものが。

「枯れ葉と新芽が同居?」
 無知な私ですので早速検索したんですね。
すると、こんなサイトが有りました。
http://www.jma-net.go.jp/matsue/chisiki/column/livingthing/cherry.html
なんと、夏にはもう翌年の芽が出て秋にかけ
て成長し、初冬には休眠、そして真冬に目覚
めるとか。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_3448

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷見 朝陽と唐島 撮影:木偶乃坊写楽斎

 昨日の写真と同じ時の写真です。漁を終え
た漁船が次から次へと帰ってきます。

Img_0198

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

氷見 朝日照らす有磯海  撮影:木偶乃坊写楽斎

 金色に輝く空と海、漁を終えた漁船が帰っ
てきます。魚市場では威勢のいい競りの
声が飛び交っていることでしょう。

Img_0026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

氷見 夕陽に染まる立山連峰 ズームアップ ふれあいの森にて

 昨日の写真を撮った時と同じ場所での
写真になります。立山連峰を望遠で引き
寄せて撮っています。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_9026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

氷見 夕陽に染まる立山連峰 ふれあいの森にて

 ふれあいスポーツセンター前の道路沿い
で撮っています。ここからの眺望も大好きで
す。
撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_8980

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

氷見 朝の虹 朝日山公園展望塔より

 撮影した日は違いますが昨日と同じように
西方向を見た時に見えた虹です。虹を見ると
何となく幸せな気分になる私です。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_8971

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

氷見 朝霧 朝日山公園展望塔より

 昨日までは朝日に向かって撮っていました
が、今日の写真は振り返って西方向を撮って
います。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_8796

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

氷見 霧の市街地 朝日山公園展望塔より

 霧は朝日が照らし出すと徐々に薄くなって
行きますが、その変化具合で色んな景色を
見せてくれます。今日の写真は大分薄くなっ
て家々の屋根が見え始めています。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_8782

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

氷見 朝陽と朝霧 朝日山公園展望塔より

 昨日と同じ時の写真ですが、これは市街を
入れないで朝陽と朝霧だけで纏めてみました。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_8678

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

氷見 朝霧の氷見 朝日山公園展望塔より

 氷見の素敵な光景を続けます。
市街地の向こうに有磯海を朝日が照らすこの
光景は幻想的で感動です。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_3493

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

氷見 上日寺の大公孫樹 E(最終回)   撮影:2017.11.10

 この大公孫樹は「ごんごん祭り」と「紅葉」
(黄葉ですかね、この場合は)そして、通っ
ていた氷見高校の旧校歌の一節にも歌わ
れていた事からいつも身近に感じている大
樹です。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Img_9949

 
Img_9950
 
Img_9967
 
Img_9968

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

氷見 上日寺の大公孫樹 D   撮影:2017.11.10

 大銀杏を時間をかけて仔細に観察すると
太い太い幹のアチコチに1300年の歴史を
物語る様に気根が下がっていたり、異様な
形に盛り上がっていたりとその迫ってくる生
命力にタジタジとする私でした。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_3413
 
Img_0016
 
Img_0029
 
Dsc_0319

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

氷見 上日寺の大公孫樹 C   撮影:2017.11.10

 子供の頃に遠足で来た際に幹周り12mと
聞いてみんなで手を繋いで幹を囲んだ事が
有ったような気がします。いや、そんな写真
を見たんだったかなぁ?そろそろ記憶が曖
昧になってきてる私。(ノ_-。)

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_3284

 
Dsc_3289
 
Dsc_3360
 
Dsc_0333

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

氷見 上日寺の大公孫樹 B   撮影:2017.11.10

 今朝の北日本新聞に載っていました。
購読者は電子版にログインすると記事を見
る事ができます。そこには新聞紙面と違う写
真が三枚アップされています。紙面には家内
(空飛ぶアヒル)と他の参拝者が写っていまし
て、電子版には家内と私と他のカメラマンの
三人、次の一枚は私が撮影している所、三
枚目は銀杏と紅葉のアップ写真となっていま
すね。ただし小さい写真なので人らしき物が
写っているだけで人物の特定は出来ません
ので・・・。なおログインできない方でも表題と
紙面写真の一枚だけは見る事が出来ますの
で下記サイトをクリックしてみて下さい。
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
http://webun.jp/item/7414596
Dsc_3224

 
 
Dsc_0298
 
Dsc_0319

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五箇山の紅葉 G(桂湖)最終回  撮影:2017.11.6

 一枚目は光る桂湖湖面、二枚目は湖畔に
あるオートキャンプ場です。夏には多くの家
族連れで賑わっています。
http://www.gokayama-kankou.com/contents1.html

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_2943

 
Dsc_3008
 
Dsc_0214
 
Dsc_0228

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

氷見 上日寺の大公孫樹 A   撮影:2017.11.10

  天然記念物に指定されていまして毎年撮影
させていただいています。今年も今が見頃と
聞いて晴天の今日行ってきました。ちょうど地
元紙の北日本新聞社写真部の方も撮影にい
らっしゃっっていました。明日の北日本新聞に
載るかもしれませんね。
http://www.city.himi.toyama.jp/hp/departmentTop/kyouiku-i/kyouikusoumu/gakusyu/node_36372/node_19044
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_3343

 
Dsc_3391
 
Dsc_0251
 
Dsc_0261

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五箇山の紅葉 F(全山紅葉)  撮影:2017.11.6

 一枚目の中央右に見えるのが境川ダムで、
それによって出来たのが桂湖になります。
そのダム上部中央辺りから下流を撮った写
真が二枚目から四枚目になります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A2%83%E5%B7%9D%E3%83%80%E3%83%A0
 二枚目と三枚目の左隅上部に小さくトンネ
ル出口が見えますが、そこからダムへと道
路は上ってきてるんですね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_2941

 
Dsc_2942
 
Dsc_0148
 
Dsc_0156

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

五箇山の紅葉 E(野葡萄)  撮影:2017.11.6

 一枚目の画像ですが、ススキを撮る為に
歩き回った時に足元でキレイな七色の実を
見つけました。今までに見たこともなかった
ので「さぞや珍しいもの?」と思ったんです
が、帰ってきて調べたら野葡萄と言うらしく
て「どこにでもある」んですね。(^-^;
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%96%E3%83%89%E3%82%A6

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_2940

 
Dsc_0055
 
Dsc_0067
 
Dsc_0138

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五箇山の紅葉 D  撮影:2017.11.6

 紅葉も良いんですがススキが逆光で白く
輝いているのもハッとするほど綺麗ですね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_2834

 
Dsc_2835
 
Dsc_0019
 
Dsc_0023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

五箇山の紅葉 C 白山宮  撮影:2017.11.6

 富山県最古の木造建築と言われる白山宮
です。境内の最奥にあり、五枚目と六枚目の
画像がその本殿です。
http://www.info-toyama.com/spot/41035/

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_2848

 
Dsc_2872 
Dsc_2892
 
Dsc_2906
 
Dsc_0120 
 
Dsc_2923

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五箇山の紅葉 B  撮影:2017.11.6

  行く途中の砺波平野はまだ色付いていなくて
チョット心配しましたが標高が上がるに連れて
段々と木々の色が赤や黄色に変化をしていき
ました。

撮影:空飛ぶアヒル
Dsc_0016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

五箇山の紅葉 撮影:2017.11.6

  チョット疲れ気味で休養していましたが
久しぶりにお出かけ気分になれたので
庄川峡経由で五箇山へ行ってきました。
紅葉は丁度見頃でしたね。

撮影:空飛ぶアヒル
Dsc_2655

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷見 朝霧を照らす 朝日山公園展望塔より

 この朝霧は先日からご覧頂いているように
山へ登ったときの雲海と同じ状況なんですね。
 ただし山登りをしたことがない私です。(゚ー゚;
霧がもっと上がって展望塔の直下まで有った
時に自分のブロッケン現象を見る事が出来て
撮ったんですが、昔の事で、そのフィルムは探
さないといけません、探し出せるかなぁ。
撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_3463

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

氷見 朝陽昇る 朝日山公園展望塔より

 写真とは関係ないけど、この三日間
AbemaTVの「72時間ホンネテレビ」
を見続けていた私です。あんなに自由
に展開する番組は魅力的ですね。
 何処へチャンネルを合わせても同じ
内容のニュースショーや何処かでいつ
も見てる顔ぶれ、味を感じさせる腕もな
いお笑い芸人出演番組、型にはまった
進行しか出来ない在来TVの味気なさに
辟易をとしてた私には面白い番組でし
た。
撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_3450

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

氷見 神武天皇像 朝日山公園展望塔より

 私の子供の頃から公園へ行く度に見上げ
ていた神武天皇像です。弓の先に金鵄が止
まっていますが、私が子供の頃はいなかっ
た様に思うんですね、戦時に供出でもされ
て戦後大分経ってから復活したんですね。
再現されたと新聞で読んだような記憶も有
るような気がする私です。
撮影:木偶乃坊写楽斎

Img_3430

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

氷見 朝日山公園展望広場 朝日山公園展望塔より

 私が子供の頃から来ていた朝日山公園
でして、緑色の展望台の屋根が小さく見え
ています。これを撮った展望塔は後から建
てられました。
http://www.city.himi.toyama.jp/hp/departmentTop/machidukuri/toshikeikaku/toshikeikaku/node_27084

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_3410

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 3日 (金)

氷見 朝霧に浮かぶ比美乃江大橋(その2) 朝日山公園展望塔より

 昨日アップした写真より前は霧が深くて
氷見市街地は一面の朝霧に覆われてい
て比美乃江大橋は先端だけが顔を見せ
ているのみでした。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_8822

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

氷見 朝霧浮かぶ比美乃江大橋 朝日山公園展望塔より 

 この時期から早春にかけて氷見市街地が
朝霧に包まれて幻想的な光景を見せてくれ
る事が稀にあります。以前に碁石ヶ峰はか
らその光景をアップしています。
http://my206cc.cocolog-nifty.com/my206cc/2017/10/a-b3dd.html
http://my206cc.cocolog-nifty.com/my206cc/2017/10/b-5b9f.html
 この朝霧が見られるのは11月頃から3月
にかけての放射冷却現象が起こる朝で海
水温の高い時に見られるのが気嵐で、よく
見る事ができますが、市街地を流れる上庄
川と仏生寺川の水温が高い時に見られる
のが今日から10回程に分けてアップする
光景でしてこれは年に数回しか見る事が
できません。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Img_8906

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

氷見海岸 氷見漁港に朝陽射す  撮影:木偶乃坊写楽斎

 日の出前から朝日が立山連峰からちょっと
上にまで昇るこの頃までに漁船が続々と漁か
ら帰ってきます。
Img_5826

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »