« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月30日 (土)

志賀町 花のミュージアム フローリィ 1 撮影:2018.6.15 木偶乃坊写楽斎

 6/23に私と家内の写真視点の違いで
アップしたのはこのフローリィでの撮影でし
た。
http://my206cc.cocolog-nifty.com/my206cc/2018/06/post-cb36.html

 そして、フローリィさんのサイトです。
http://www.fleuri.jp/index.html
Dsc_7965
 
Dsc_7962

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

羽咋市 永光寺にて 15(終) 撮影:2018.6.15 空飛ぶアヒル

 今回の永光寺さん撮影は時間の関係で
参道だけにして帰ってきたんですが、その
帰途で石垣に蛇を発見。家内は最初にキ
ャッと言って逃げましたが、その後でしっか
りと撮影していました。
Dsc_2031

 
Dsc_2036

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

羽咋市 永光寺にて 14 撮影:2018.6.15 空飛ぶアヒル

 「私を5分間使ってください」の立て札が
ユニークでした。参道の二箇所に有った
様に思います。
Dsc_2020

 
Dsc_2023

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

羽咋市 永光寺にて 13 撮影:2018.6.15 空飛ぶアヒル

 6/15.16にアップした鯉を家内(空飛ぶアヒル)
が撮ったものです。やはり、狙いが私とは違う
の面白いですね。
http://my206cc.cocolog-nifty.com/my206cc/2018/06/2018615-478c.html
http://my206cc.cocolog-nifty.com/my206cc/2018/06/2018615-0959.html
Dsc_1994

 
Dsc_1999

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

羽咋市 永光寺にて 12 撮影:2018.6.15 空飛ぶアヒル

 尻尾の部分が曲がっているトンボがいました。
何かの拍子に折れたんでしょうかね。
Dsc_1980

 
Dsc_1985

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

羽咋市 永光寺にて 11 撮影:2018.6.15 空飛ぶアヒル

 清らかな水の流れに心を洗われました。
Dsc_1972

 
Dsc_1975

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

羽咋市 永光寺にて 10 撮影:2018.6.15 空飛ぶアヒル

 二枚目の写真はスズメバチですね。
撮っている時は「地面に蜂がいる」と思って
いただけで何の警戒もしないでいたそうで
すが、もしかして襲われる危険性があった
んでしょうか。土の中にも巣を作ることが
有るとは知らなかった私です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%83%A1%E3%83%90%E3%83%81
Dsc_1956

 
Dsc_1963

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

空飛ぶアヒル と 木偶乃坊写楽斎 写真比較

 ここ最近アップしてる永光寺さんの写真で
私(木偶乃坊写楽斎)が家内(空飛ぶアヒル)
との違いを実感して、その原因を探ってみま
した。つまり、私の情感不足を検証してみた
くなったって訳です。
 一枚目(元画像)と二枚目(画像調整後)は
空飛ぶアヒル撮影でして、花とその配置が気
に入って、それを表現したいと思って撮影ポ
イントその他を考えてシャッターを切ったそう
です。
 三枚目(元画像)と四枚目(画像調整後)は
木偶乃坊写楽斎撮影で、外の光景がパノラ
マ写真の様に見えて、館内の柱等のデザイ
ンが気に入って撮りました。そして、画像調整
はそれぞれの意図が表現される様にしてみ
たものです。
 同じ場所で同じ時刻に一緒に居ても見方
や撮り方が違うのでこんなに違った写真にな
ってしまいました、空飛ぶアヒルの写真には
臨場感がありますね。感受性の違いがこれ
だけの違いになって現れたようです。
Dsc_2074

 
Dsc_2075
 
Dsc_7945
 
Dsc_7947

| | コメント (2) | トラックバック (0)

羽咋市 永光寺にて 9 撮影:2018.6.15 空飛ぶアヒル

 当然のことですが、先にアップしてる私のと
比べると同じ場所に居ても違った写真になり
ますね。自分には無い感性で撮られているの
で新鮮に感じられて刺激になります。w(゚o゚)w
Dsc_1943

 
Dsc_1949

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

羽咋市 永光寺にて 8 撮影:2018.6.15 空飛ぶアヒル

 参道は緑に包まれていて歩いていると
心が洗われる様な気分になります。
Dsc_1921_2

 
Dsc_1933_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

羽咋市 永光寺にて 7 撮影:2018.6.15 空飛ぶアヒル

 参道脇には色んな花や緑が参拝者の心を
和ませてくれます。
Dsc_1916

 
Dsc_1920

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

羽咋市 永光寺にて 6 撮影:2018.6.15 空飛ぶアヒル

 昨日までは私の撮影した写真でしたが
今日からは家内(空飛ぶアヒル)撮影の
写真をアップさせていただきます。私の
撮った写真とは視点が違うので新鮮に
感じられて大いに勉強させられている私
です。
Dsc_1903

 
Dsc_1906

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

羽咋市 永光寺にて 5 撮影:2018.6.15 木偶乃坊写楽斎

 石畳の参道も良いですね、渓流沿いには
紫陽花が・・・・。
Dsc_7802_2

 
Dsc_7809

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

羽咋市 永光寺にて 4 撮影:2018.6.15 木偶乃坊写楽斎

 参道脇には広く苔が生えていて歴史を感じ
させます。
Dsc_7789

 
Dsc_7797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷見 女良漁港 9(終) 撮影:2018/5/24 木偶乃坊写楽斎

 この漁港の突堤には立入禁止の柵が設け
られていました。今までにアップした氷見市内
の漁港に無かったんですよね。
 さて、今日で氷見市内の漁港を9回にわたっ
てご紹介させていただきましたが今日で最終
回となりました。今まで漁港はどこも同じだと
ばかり思っていましたが、それぞれ特徴があ
る事がわかり勉強になりました。
Dsc_7433

 
Dsc_7434
 
Dsc_7442
 
Dsc_7445

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

羽咋市 永光寺にて 3 撮影:2018.6.15 木偶乃坊写楽斎

 境内は広くて長い上り坂になっています。
その境内を流れている渓流の水は清冽で
心が洗われるようです。
Dsc_7788_2

Dsc_7786
 
Dsc_7780_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷見 女良漁港 8 撮影:2018/5/24 木偶乃坊写楽斎

 一枚目の写真は「サザエ」を捕る網なんだ
そうです。この網を岸近くの海底に2週間程
沈めておいてから引き上げる、と言う事でし
た。アワビは別の形の網でこの辺りでも獲
れるんだそうです。三枚目の写真は私が見
た中では珍しい「紫色の網」です。
Dsc_7423

 
Dsc_7424
 
Dsc_7425

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

羽咋市 永光寺 2 撮影:2018.6.15 木偶乃坊写楽斎

 昨日と今日アップしてるのは弁天堂でして
小さな池の中に建っていて、その池には鯉
が泳いでいました。
Dsc_7833

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷見 女良漁港 7 撮影:2018/5/24 木偶乃坊写楽斎

 漁港併設の冷蔵施設ですが冷蔵装置が
新しいように見えますので建物は古いけれ
ど現在も使用中のようですね。
Dsc_7412

 
Dsc_7413
 
Dsc_7416

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

羽咋市 永光寺 1 撮影:2018.6.15 木偶乃坊写楽斎

 昨年の「北陸三十三箇所霊場二十二番」で
ご紹介させていただいた永光寺さんへ行って
きました。なお、昨年のご紹介は2017.4.10-17
に渡ってアップしております。
http://my206cc.cocolog-nifty.com/my206cc/2017/04/post-64b3.html
Dsc_7828

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷見 女良漁港 6 撮影:2018/5/24 木偶乃坊写楽斎

 桟橋に建っている鉄骨建物ですが荷捌き場
で、建設当時の屋根はスレート葺だったそうで
す。それが風で飛ばされたかしてご覧のように
屋根がない状態になっています。聞いた所に
よると「費用捻出できなくてそのままになって
いる」と言うことですが、私の知ってる限りでは
相当昔から屋根がないような気がしますね。
Dsc_7372

 
Dsc_7373
 
Dsc_7400
 
Dsc_7405

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

氷見 女良漁港 5 撮影:2018/5/24 木偶乃坊写楽斎

 他の漁港では網を運ぶ船だと思われる
船にはエンジンが付いていませんでした
が、ここではエンジンが付いていました。
一枚目の写真では付いてはいませんが
その形跡がありましたね。
Dsc_7366

 
Dsc_7367
 
Dsc_7369

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

氷見 女良漁港 4 撮影:2018/5/24 木偶乃坊写楽斎

 漁船に設置されている網を上げる装置を
撮ってみました。三枚目と四枚目のような
色んな形のタモ網も載せてありましたが丸
い形だけでなく蹄形(と言っていいのかな?)
のも使っているんですね。これは船底の魚
を掬い上げるためのものなんでしょうか。
Dsc_7348

 
Dsc_7351
 
Dsc_7354
 
Dsc_7358
 
Dsc_7368

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

氷見 女良漁港 3 撮影:2018/5/24 木偶乃坊写楽斎

 この漁港の漁船の形は今までのとはまた
ちょっと違う形のが有るようです。同じ氷見
市内で、それほど距離も離れていないのに
それぞれ特徴があるのに気がついた今回
の漁港巡りです。

 
Dsc_7325
 
Dsc_7332
 
Dsc_7337
 
Dsc_7341

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

氷見 女良漁港 2 撮影:2018/5/24 木偶乃坊写楽斎

 漁網の広げられている形が素敵だったり
浮き玉が積み上げられているのや、漁船係
留金具に惹かれたりとこの漁港ならではの
造形美がありました。
Dsc_7280

 
Dsc_7304
 
Dsc_7316
 
Dsc_7324 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

氷見 女良漁港 1 撮影:2018/5/24 木偶乃坊写楽斎

 氷見の漁港シリーズもこの漁港が最後と
なります。
https://goo.gl/maps/ASdzMgagMSz
 一枚目写真は防波堤から氷見市街地方
向を眺めています。左手の2つの島は虻ガ
島で、右端に黒く見えるのが阿尾城跡、ち
ょっと薄く水平線上に見えるのが高岡市と
の境にある二上山になります。
524dsc_7272

 
Dsc_7273
 
Dsc_7275
 
Dsc_7276

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

大岩山日石寺 D(終) 撮影:2018.5.27

 六本滝脇の道を奥へ進むと「愛染堂」が
あります。「愛染明王」と言う仏様はあまり
聞いたことがありませんが、昔の映画で
「愛染かつら」と言うのがあった様な気が
します。検索してみると川口松太郎の小説
だったんですね。上田市別所温泉の北向
観音境内に愛染明王堂とカツラの巨木が
あってそれに着想を得て書き上げた小説
なんだそうです。
良縁や結婚成就、夫婦円満のご利益がある
とありますね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E6%9F%93%E3%82%AB%E3%83%84%E3%83%A9_(%E6%9C%A8)
Dsc_7655

 
Dsc_7659
 
Dsc_1883

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

大岩山日石寺 C 撮影:2018.5.27

 不動堂の近くには大寒に滝修行が行われ
る六本滝と、四枚目画像の観音堂近くにある
十二支滝があります。
 リンク先の記述によると、大寒と2/3の節分、
7/1の滝開きにも滝修行が行われると言う事
です。
https://kamiichi-job.net/blog/6253
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_7650

 
Dsc_7651
 
Dsc_1880
 
Dsc_1881

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

大岩山日石寺 B 撮影:2018.5.27

 本堂左手の一段下に観音堂があります。
この建物の形がスッキリとしてて好きですね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_7619

 
Dsc_7621
 
Dsc_1865
 
Dsc_1866

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 6日 (水)

大岩山日石寺 A 撮影:2018.5.27

  涼を求めて出かけました。
「参詣にでかけました」と書かない不信心で
罰当たりな私をお許しください。m(_ _)m
境内には滝行の六本滝や十二支滝があっ
たり、千巖渓と言う渓谷があったり、門前の
百段坂沿いには美味しい素麺を提供してい
るお店が有るお薦めのお寺です。もちろん
お賽銭を上げてお参りしてきた私達です。為念
http://ooiwasan.com/home.html
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_7615

 
Dsc_1863
 
Dsc_7616
 
Dsc_7638

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

輪島オートモビルミーティング2018 撮影:2018.6.3

  6/2-3の両日開催されましたが、3日の
「のと里山空港」会場へ行ってきました。
 このイベントは人気があり毎年沢山の
参加車が有って、私も楽しみにしていま
す。出展車には勿論珍しいのがあります
が、見物に来る人の乗ってくる車の中に
も滅多に見れないのがあって駐車場内
巡りも楽しいんですよ。ほんの一部です
が私が興味を持った車をアップいたしま
す。
http://www.55wajima.com/
撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_7761

 
Dsc_7763
 
Dsc_7765
 
Dsc_7766
 
Dsc_7772
 
Dsc_7773

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

高山市 宮川の鯉のぼり 撮影:2018.6.2 木偶乃坊写楽斎

 家内が高山へ行きたいと言うので出かけた
んですが、途中のアチコチで鯉のぼりを見か
けました。帰ってきて検索してみると高山では
一ヶ月遅れの6/5が端午の節句なんですね。
朝市が川沿いで開かれる宮川に鯉のぼりが
泳いでいました。
http://kankou.city.takayama.lg.jp/2000006/2000014/2000074.html
Dsc_7755

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

小矢部市 稲葉山牧場 B(終) 撮影:2018.5.25 

 頂上広場には風力発電の鉄塔と休憩施設
がありますが、今年新たにCafeレストランが
出来、楽しみにして行ったらお休みでした。
営業は土日祭日のみと言うことですのでご
注意を。
http://www.city.oyabe.toyama.jp/soshiki/sangyokensetsuka/inabayama/inaba_cafe/1522805100304.html
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_7515

 
Dsc_7517
 
Dsc_7519
 
Dsc_7526

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

カモシカに遭遇!!  撮影:2018.6.2 12:00木偶乃坊写楽斎

 先日、猿に遭遇したと思ったら今日はカモ
シカと出会ってしまいました。高山市へ遊び
に行く途中の国道41号線流葉スキー場近く
でした。対向車線からこちらの車線に向か
ってゆっくりと横切って、私達の顔を見る様
に立ち止まってからガードレールを飛び越
えて林の中へ消えてゆきました。
https://goo.gl/maps/EdcZLB51wBw
1

 
2
 
3
 
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小矢部市 稲葉山牧場 撮影:2018.5.25

 稲葉山牧場は「三井アウトレットパーク北陸
小矢部」の近くにある稲葉山頂上にあります。
ここからの眺望も素晴らしく、「ふれあい動物
広場」もありますのでお子様連れの皆さんに
もお薦めです。
https://iko-yo.net/facilities/11735
撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_7490

 
Dsc_7491
 
Dsc_7497
 
Dsc_7498
 
Dsc_7505

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

高岡 おとぎの森公園 C(終) 撮影:2018.5.26 木偶乃坊写楽斎

 高岡市は「ドラえもん」の作者藤子・F・不二雄
さんの出身地なので街のアチコチに「ドラえも
ん」が登場します。この公園にも像や日時計が
あって子供達は大喜びです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%AD%90%E3%83%BBF%E3%83%BB%E4%B8%8D%E4%BA%8C%E9%9B%84
Dsc_7567

 
Dsc_7604
 
Dsc_7674
 
Dsc_7742

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »