« 羽咋市 永光寺にて 9 撮影:2018.6.15 空飛ぶアヒル | トップページ | 羽咋市 永光寺にて 10 撮影:2018.6.15 空飛ぶアヒル »

2018年6月23日 (土)

空飛ぶアヒル と 木偶乃坊写楽斎 写真比較

 ここ最近アップしてる永光寺さんの写真で
私(木偶乃坊写楽斎)が家内(空飛ぶアヒル)
との違いを実感して、その原因を探ってみま
した。つまり、私の情感不足を検証してみた
くなったって訳です。
 一枚目(元画像)と二枚目(画像調整後)は
空飛ぶアヒル撮影でして、花とその配置が気
に入って、それを表現したいと思って撮影ポ
イントその他を考えてシャッターを切ったそう
です。
 三枚目(元画像)と四枚目(画像調整後)は
木偶乃坊写楽斎撮影で、外の光景がパノラ
マ写真の様に見えて、館内の柱等のデザイ
ンが気に入って撮りました。そして、画像調整
はそれぞれの意図が表現される様にしてみ
たものです。
 同じ場所で同じ時刻に一緒に居ても見方
や撮り方が違うのでこんなに違った写真にな
ってしまいました、空飛ぶアヒルの写真には
臨場感がありますね。感受性の違いがこれ
だけの違いになって現れたようです。
Dsc_2074

 
Dsc_2075
 
Dsc_7945
 
Dsc_7947

|

« 羽咋市 永光寺にて 9 撮影:2018.6.15 空飛ぶアヒル | トップページ | 羽咋市 永光寺にて 10 撮影:2018.6.15 空飛ぶアヒル »

コメント

今日は。
写真素人の私がどこまで言えるのか(言っていいのか)分かりませんが、まず「画像調整」
技術は素晴らしいと感じます(2、4枚目とも)‥‥プロの方には当たり前かもしれませんが。
違いは、木偶乃坊写楽斎さんは真ん中に立たれてほぼシンメトリックな構図で、空飛ぶアヒ
ルさんはやや右側に立たれ、意図的に非シンメトリックな構図を狙ったという点でしょうか。
その結果でしょうか、空飛ぶアヒルさんの画像の方が柔らかい落ち着いた感じを受けます。
パノラマ(広がり)観の点は、木偶乃坊写楽斎さんの方がやや遠くに立たれているせいか、
館の横柱が織りなす角度が目立つ分、遠近感が強調されパノラマ観があるように感じます。
お二人の立ち位置の違いが偶然によるものではないとすれば、まさに感受性に根差す点な
のかも知れませんね。ただ私にはどちらの方が臨場感があるかは分かりません。臨場感と
は“その場感(リアル感)”ということであれば、私もその場に行ってみなければ判断でき
ない気がするからです。‥‥‥ということで、なんともはや sign02

投稿: 平戸皆空 | 2018年6月23日 (土) 13:44

平戸皆空 様へ
 貴重なご意見をいただいて感謝致しております。m(_ _)m

 今回はあえて露出不足気味の画像を使って画像処理をしたものを御覧頂いております。

 この二枚の写真は仰るように家内のが「柔らかい感じ」になっていますね。そして、
それがだいたい全ての写真に通じる印象となっています。「良いな!と思ったら何にも
考えずにその場でシャッターを切っている」と言ってる家内です。
 私はと言うと「良いなと思ったら、画面に余分なモノが入っていないか?アングル
はどうか?射角はどうか?ポイントはあるか?等など、一瞬ではありますが色々と考
えた末にシャッターを切っています。

 その違いが出ていて、「柔らかい印象」と「理詰めの印象」となって写真に現れて
いるのではないでしょうね、なにより性格そのモノのような気がします。

 

投稿: 木偶乃坊写楽斎 | 2018年6月23日 (土) 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103733/66860513

この記事へのトラックバック一覧です: 空飛ぶアヒル と 木偶乃坊写楽斎 写真比較:

« 羽咋市 永光寺にて 9 撮影:2018.6.15 空飛ぶアヒル | トップページ | 羽咋市 永光寺にて 10 撮影:2018.6.15 空飛ぶアヒル »