2017年6月24日 (土)

頼成の森 花菖蒲(砺波市) 3(終) 撮影:2017.6.15

 今回は滑川の行田公園で撮影した後に
こちらへ来たので疲れからあまりシャッター
を切らなかったので三回で終了です。それ
と行田公園の庭園風の所が有るのと違っ
て、沢山有るけど畑に植わっている様な
無味乾燥な部分が興味をひかなかったの
かもしれませんね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Img_8952

 
Img_8953
 
Img_8966
 
Img_8967

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

頼成の森 花菖蒲(砺波市) 2 撮影:2017.6.15

  頼成の森の花菖蒲は数も種類も多く、広さ
も県内随一で流石という感じです。各花には
名札もついていますが、余りの種類の多さに
覚える気も起きない駄目な私でした。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Img_8917

 
Img_8918
 
Img_8927
 
Img_8939

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

頼成の森 花菖蒲(砺波市) 2 撮影:2017.6.15

 さすがによく知られた花菖蒲園だけに平日
にも関わらず大勢の人が観賞においでにな
っていて、駐車場も満員でしたね。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_8522

 
Dsc_8523
 
Dsc_8558
 
Img_8912

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

頼成の森 花菖蒲(砺波市) 1 撮影:2017.6.15

 ここでは600品種70万株の花菖蒲が
植わっていると言うことです。私が行った
時は満開にはなっていませんでしたので
イベント「花菖蒲まつり」は終わっていま
すが今が見頃ではないでしょうか。

http://www.bgtym.org/ranjyounomori/

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_8023
 
Dsc_8508
 
Dsc_8509
 
Dsc_8511

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

行田公園の花菖蒲(滑川市) 2 撮影:2017.6.15

 この公園では一昨年訪ねた時も今回も
絵を描く人やギターを弾いて来園者を楽し
ませてくれる人がいましたが、こんな光景
を私としてはここ以外に見た覚えがありま
せん。という訳で大好きな公園の一つです。

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_7987

 
Dsc_7997
 
Dsc_8434
 
Dsc_8445

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

行田公園の花菖蒲(滑川市) 1 撮影:2017.6.15

  四万株の花菖蒲が有ると言う公園です。
ここは京都祇園社の荘園の一部だった事
から祇園田と呼ばれ、それが訛って行田と
なったと言うことです。
http://www.info-toyama.com/spot/51097/

撮影:木偶乃坊写楽斎・空飛ぶアヒル
Dsc_7964

 
Img_8833
 
Dsc_8380
 
Dsc_8394

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

睡蓮(氷見市 十二町潟水郷公園)その6(最終回) 撮影:2017.6.12

 最終回は花菖蒲に代わって睡蓮の
写真です。睡蓮の咲く期間は長いの
でいつでもおいでください、蓮の花も
一緒に見られる時期も良いかもしれ
ませんね。8月になるとオニバスを見
る事もできます。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_7509

 
Dsc_7531
 
Dsc_7547
 
Dsc_7567

| | コメント (0) | トラックバック (0)

睡蓮(氷見市 十二町潟水郷公園)その6(最終回) 撮影:2017.6.12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

花菖蒲(氷見市 十二町潟水郷公園)その5 撮影:2017.6.12

 この十二町潟水郷公園には芝生広場も
あって週末になると家族連れでお弁当を
もって遊びにおいでになっているグルー
プも見かけます。皆様も花菖蒲見物を兼
ねておいでになってみてはいかがでしょ
うか。
撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_7800

 
Dsc_7851
 
Dsc_7878
 
Dsc_7893

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

花菖蒲(氷見市 十二町潟水郷公園)その4 撮影:2017.6.12

 この公園の蓮池もなかなか楽しめるんですよ。
夏にアップいたしますのでご期待くださいね。

撮影:木偶乃坊写楽斎
Dsc_7742

 
Dsc_7752
 
Dsc_7743_2
 
Dsc_7773

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧